車が水没の危機、どうすれば? 知っておきたい3カ条

事故車・水害車・故障車を専門に扱うプロに、水害でのクルマの被害を最小にとどめるための策や、被害に遭ったクルマの価値について話を聞いた
事故車・水害車・故障車を専門に扱うプロに、水害でのクルマの被害を最小にとどめるための策や、被害に遭ったクルマの価値について話を聞いた

2019年は大型台風や豪雨など水害が頻発した年だった。被害に遭わなかった人でもニュース映像などで水没してしまったクルマを見た記憶があるに違いない。もし自分が運転中に危機に直面した場合、どうすれば被害を最小にとどめられるのか。また実際に被災した場合の処理はどうなるのか。2019年8月に佐賀を直撃した豪雨の現場に取材で訪れた小沢コージ氏が、水につかった「水害車」について、事故車・故障車・水害車を専門に扱うタウの信国健介さんに話を聞いた。

水害は地形以上に雨量。都市部も危険

小沢コージ氏(以下、小沢) 2019年8月28日に発生した佐賀県の大雨で、大量のクルマが水没したと聞きましたが、何台くらいが被害に遭ったんですか。

信国健介氏(以下、信国) 約1万台ですね、水につかってしまったのは。私たちは水害車と言っています。たった1日、正確には一晩で起きました。

小沢 たった一晩で1万台! しかも今回の佐賀は台風ではなく「線状降水帯」なるものでしたね(発達した積乱雲が列をなし、ほぼ同じ場所を通過したり、停滞したりすることで、長時間にわたり局地的に激しい雨が降る状態。記事「『線状降水帯』 局地的な大雨もたらす」参照)。オイルが漏れた所もあったとか。

信国 あれは鉄工所のオイルが漏れてしまった佐賀県の大町町です。

小沢 根本的には雨もそうですけど、地形の問題がありますよね。少しでも盆地というか土地が凹んでいれば水がたまってしまうと。

信国 そうではなくて、単純に雨量です。

小沢 ええ! つまりどんな平野でも起きる可能性があるってことですか。

信国 起きます。ここ九州に関しては17年の福岡県の朝倉、大分県の津久見での水害に18年の西日本豪雨、19年の久留米や佐賀と、過去3年間で5回の大規模水害を経験していますが、どれに関しても地形の問題ではなく、降雨量の問題で水害が発生しています。

小沢 天気が悪ければ東京のどこででも起こりうると。

信国 起こりえます。

小沢 今回、前もって標高の高いところにクルマを置きに行った人はいないのですか。

MONO TRENDY連載記事一覧