powered by 大人のレストランガイド

あなたならポン酢はどっち? 黄色かしょうゆ入りの黒

しゃぶしゃぶや水炊き、ふぐなどの鍋に欠かせないポン酢=PIXTA
しゃぶしゃぶや水炊き、ふぐなどの鍋に欠かせないポン酢=PIXTA

鍋が恋しい季節となった。鍋に欠かせない調味料といえば、ポン酢である。今回はポン酢といえばしょうゆ入りの黒いものか、しょうゆナシの黄色いものか、黄色・黒ならぬ白黒つけようではないか、という話である。

今年の9月、ポン酢に関するあるツイートが大反響を呼んだ。妻に「ポン酢を買ってきてね。間違えないでね」と言われ、「ぽん酢」を買って帰ったところ「『味ぽん』でよかったのに」と怒られたというもの。

ツイートとともにアップされた画像はミツカンの「ぽん酢」。酢とかんきつ果汁を合わせただけの、しょうゆが入っていない黄色い調味料だ。だが、妻が買ってきて欲しかったのはしょうゆ入りの黒っぽい方。

ネット上では、「間違えないでね」と言われたから間違えずに「ぽん酢」を買ったのに怒られるのは理不尽だ、とツイート主に同情する人が半分。奥さんがいつも使っている調味料もわからないなんて、と妻に味方する声も半分であった。

しかし、このツイートで多くの人が思ったのは、「そうか、いつも自分たちがポン酢だと思って使っていたのは、味つけポン酢だったのか!」ということではないだろうか。いや、しょうゆが入っていないポン酢の存在さえ忘れていた、という人も多かったに違いない。

「ポン酢、買ってきてね」と言われたら、あなたはどっちを買いますか?(ミツカンの「ぽん酢」と「味ぽん」)

しょうゆ入りとしょうゆナシ、果たしてどちらがポン酢なのか? 

「ぽん酢」や「味ぽん」を製造販売するミツカンの広報・高市敦子さんによれば、「食品区分では、『ポン酢』は本来、果汁または果汁に酢を加えただけのものを指し、『味ぽん』に代表される、しょうゆやダシが入ったものは『ポン酢しょうゆ』または『味付けポン酢』と呼ぶのが誤解のない言い方となります。しかし、味付けポン酢が日本国内のポン酢消費量のほとんどを占める今、こちらを『ポン酢』と呼ぶのが一般的です」とのこと。

つまり、「食品区分としてのポン酢」と「一般名詞としてのポン酢」が乖離(かいり)しており、そこが話をまぎらわしくさせている。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド