2019/11/13

面接道場

A ……まあ、その通りですね……。

中北 これ、自己紹介なのに短所しか言ってないよ、お節介で中途半端って(笑)。

A マイナスイメージですね……(顔が暗くなる)

中北 そうだよね(笑)。すごくもったいないと思うよ。理想は、面接官に疑問を抱かせて質問させるんじゃなくて、「興味を持ってもらう」ことです。

問題点を整理すると2つあります。(1)情報量を詰め込みすぎて、具体的に何が伝えたいのかわからなくなってしまっている。(2)自己紹介で「何を話すか」を考えていて、自己紹介を通して「相手にどう思わせたいか」という目的がない。

相手が主語じゃないとコミュニケーションって、絶対にエラーするんです。そこから逆算してトークを作っていないんです。こういう失敗パターンはプレゼンでもよくあります。

アタマのいい学生の落とし穴「難しい言葉を使いたがる」

中北 「中途半端」っていうオチも、致命的だからやめたほうがいいです。お節介なうえに中途半端と言われると、巻き込んだ上に放っておくみたいな印象を受けます。

Aさんが志望するデベロッパーという業界は街づくりをしますよね。デベロッパーという業界に限らないとは思いますが、例えば、街づくり途中で放り投げて、廃虚にされたらどうしようって、私が面接官なら思います。企業はどんな人材を求めているんでしょうか。そこから逆算して自己紹介を作っていますか?

あと「初志貫徹力」っていう言葉を知っている人がどのぐらい世の中にいると思いますか?

A それは自分の造語ですが、初志貫徹という言葉自体はみんな知っていると思ったので……。

中北 頭のいい人でよくあるケースなのですが、人にわかりにくい言葉を使ってしまうことで、せっかくの話が伝わりにくくなっています。

次のページ
芸人が自分から笑顔をつくる合理的な理由