聞かれたくない年齢、どう切り返す?女優、美村里江さん

NIKKEIプラス1

女優、エッセイスト。埼玉県出身。2003年、ドラマ「ビギナー」で主演デビュー。11月3日から毎週日曜午後10時放送のドラマ「歪んだ波紋」(NHK・BSプレミアム)に出演。
女優、エッセイスト。埼玉県出身。2003年、ドラマ「ビギナー」で主演デビュー。11月3日から毎週日曜午後10時放送のドラマ「歪んだ波紋」(NHK・BSプレミアム)に出演。

40歳で独身です。若く見られることが多いものの、職場が変わるたびに年齢を聞かれるのが本当に嫌です。結婚、子育てなど年相応に経験していないせいかもしれません。でも仕事に年齢は関係ない! 質問の上手な返し方、そして答えを濁した後のモヤモヤの解消法を教えてください。(神奈川県・40代・女性)

仕事には関係ない、つまり雑談上のことなのに嫌な思いはしたくない。女性で、結婚や子育てを連想される年代では、特にそうだと思います。

まずは別方向に話を逸(そ)らす方法が必要ですね。例えば、話の広がりやすい著名人に絡めるのも一案かと思います。「ビル・ゲイツがウィンドウズ95を売り出したのと同じ年齢ですよ」など、笑顔で答えてみてはいかがでしょうか。歴史的人物が偉業を成し遂げた年齢なども、覚えておくと楽しい話題になります。

しかし、連日となるといつか限界は訪れそうです。開かない箱があれば、開けてみたくなるのが人間。逆に年齢を聞き出そうと躍起になって、相談者さんがいじられキャラになってしまいそうな心配もあります。

加えて難問かもしれないなぁと感じるのは、「答えを濁したあとのモヤモヤの解消法を」という点です。

本当の年齢をズバリ答えたのであれば、相手がどう受け取ろうとそれは向こうの問題なので、相談者さんは手放しで気楽になれます。でも答えを濁した場合は、「相手はどう思っただろう」「詳しく突っ込まれたらどうしよう」と、要らぬ想像の余地が出て身構え続けることになります。神経を図太(ずぶと)くして気にしないで、というのも繊細な感覚をお持ちの相談者さんにはアンマッチ。

少し視点を変えた方法として、理由を説明してみる案はどうでしょうか。「多くの同年代が経験している結婚や出産を未経験なので、年齢をお答えするのが気恥ずかしいんです。どうか勘弁していただけませんか」

年齢を答えたくない悩みは、同性から共感を得やすいものです。だから率直な説明で理解を得る方が、周囲も納得して落ち着いていくように私には思えました。深い理解は得られずとも、「相談者さんはこういう人柄」という情報が周囲に伝わりますし、誠実に答えたことでご自身の気持ちも楽になるかも。

加齢は平等。しかし人の生き様は多様。相手の性格や場によって、さらに複数の策を使い分ける必要があるかもしれません。年齢重視の風潮は弱まってきている、と私も願いたいです。どうぞ頑張ってください!

あなたの悩みをサイトにお寄せください。サイト「なやみのとびら」(https://www2.entryform.jp/tobira/)から投稿できます。

[NIKKEIプラス1 2019年11月2日付]

NIKKEIプラス1の「なやみのとびら」は毎週木曜日に掲載します。これまでの記事は、こちらからご覧ください。

エンタメ!連載記事一覧