西川ダウン 羽毛スペシャリストの技、価格設定も魅力

西川ダウンのウールフーデッドダウンコート(左)とウールG2ジャケット
西川ダウンのウールフーデッドダウンコート(左)とウールG2ジャケット

数ある衣装や小物の中から、その場にふさわしいアイテムを選び抜き、コーディネートを考えるのがスタイリストの仕事だ。そんな「目利き」が旬のファッションアイテムに焦点をあて、魅力を紹介する「旬アイテム」。スタイリスト、小林新氏が今回、取り上げるのは西川ダウンだ。その品質と価格が何よりの魅力と太鼓判を押す。




寝具老舗とセレクトショップがコラボ

西川ダウンとは羽毛布団などを手掛ける1566年創業の寝具メーカー「西川」と、国内各地に店舗を持つセレクトショップ「ナノ・ユニバース」がコラボして生まれたダウンウエアだ。その特長は、羽毛のスペシャリストの知恵と技術を駆使して作り上げた、ふとんにくるまれたような着心地といっていいだろう。

ウエストラインを絞り、シルエットを調整できるスピンドルがコートの内部に付いている(ウールフーデッドダウンコート 4万3780円)

その西川ダウンで、ビジネスシーンにおすすめなのが、ミドル丈のダウンコート(商品名はウールフーデッドダウン)。ダウンウエアの場合、とかく表面のナイロン生地のつや感が目につくが、このダウンコートは違う。一見すると、チェスターコートと見分けがつかないほどのソフトな風合いで、ビジネスシーンで着用しても何ら問題はない。

飼育期間が長い分、体格も大きく、かさ高に富むフレンチダウン(ダック)の高品質な羽毛を使用している。パンパンではなく、適度なころ合いのふくらみで、着ていて軽く、ほんわかと暖かくなってくる。

コートの前にはボタンが付き、デザインはコンサバ風だが、内側にあるスピンドルでウエストをきゅっと絞れば、「よりシャープなシルエットになる」。両サイドに入るキルティングも着る人を美しく見せる上で一役買っている。

ソフトな風合いで、コートの両サイドにはシルエットが美しく見えるようにするためのキルティングが
SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019