気配りにサプライズを込めて コナビールやちまき寿司DDホールディングス 薮内加奈さん

ビジネスシーンで誰もが一度は頭を悩ませる手みやげ。大事な仕事相手に贈る手みやげを、企業の秘書たちはどのように選んでいるのか。テレビ東京「Newsモーニングサテライト」のシリーズ企画「三つ星手みやげ」。第34回は、「九州熱中屋」「BAGUS」などの名称で飲食店を国内外に展開するDDホールディングスの薮内加奈さん。

薮内加奈さん

薮内さんが担当する稲本健一取締役は海外事業を統括しており、月の3分の2はハワイなど現地視察に飛び回っている。多忙な上司が会社に顔を見せるわずかな時間を無駄にしないため、エレベーターや廊下で打ち合わせする姿は日常の風景。急な出張の手配やスケジュール調整などは、24時間体制でバックアップしている。タイミングを外さず、きっちりポイントも押さえた仕事ぶりが光る。

それもそのはず、薮内さんにはフリー編集者というもう一つの顔がある。撮影や企画などマルチタスクで同時に仕事を次々にこなしていく。目配り・気配りに加えサービス精神が欠かせない。「相手のシチュエーションに寄り添いながら、いい意味で相手の予想を裏切るモノ」をさがすと語る手みやげ選びの発想に通じている。

そんな薮内さんお薦めの1品目は、ハワイで人気のクラフトビール「コナビール」。日本でも手に入るため、日々の生活の合間に、ほんの少しだけ常夏のオーシャンリゾートの雰囲気を味わってもらうために贈る。フルーティーな口当たりで女性にも飲みやすいのが特徴だ。

2品目は雑誌の撮影現場などの差し入れにも使うという有職(東京・赤坂)の「ちまき寿司(ずし)」。「笹(ささ)の葉をむく手間が若い人にはちょっとしたエンターテインメント」になるという。映像でお楽しみください。

ハワイ島の西海岸にある「コナ・ブリューイング」が醸造
コナビール
1本430円(税別)参考価格
http://konabeer.jp
味は関西風
有職
ちまき寿司
 1本400円(税別)
https://www.akasaka-yusyoku.com/

これまでの記事は、「秘書が選ぶ三つ星手みやげ」からご覧ください。