使ってみて分かった iPhone 11「好調」のワケ大河原克行のデータで見るファクト

予想以上に役に立つ超広角カメラ

今回のiPhone 11シリーズでは、カメラ機能がクローズアップされている。

とくに、iPhone 11 ProおよびiPhone 11 Pro Maxで採用された新開発のトリプルカメラシステムは、超広角、広角、望遠の3つのカメラにより、撮影を楽しむことができるのが特徴だ。

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxは超広角、広角、望遠の3つのカメラを備えている

実際、iPhone 11 Pro Maxを1カ月ほど使って、カメラ機能を試してみた。やはり直感的にわかるのは、超広角のメリットだ。これまでのスマホのカメラにはない写真を撮ることができる。

様々なシーンを撮影してみたが、東京ドームのように広さを表現したい場合に、超広角のメリットを感じやすい。

空の雲まで広く写し出した

実は、サンフランシスコの有名なレストランで食事をしたときのことだったが、そのときの写真を店員に撮影したもらったところ、その店員が「なんだこのスマホは!」と驚いていたのが印象深い。iPhone 11 Pro Maxを使用したのは初めてだったようだ。

有名レストランだけに、店員は撮影を頼まれることが多い。当日もあちこちで店員は撮影役をしていた。筆者たちは、丸く囲むような座席で6人が座って撮影を依頼したが、超広角に設定して渡したところ、いつもより1.5歩ほど前に来て撮影したという。ただ、超広角で撮影すると両端の人の顔が広がってしまうので記念撮影の際には注意が必要だ。

また、3つのカメラを組み合わせて、様々なサイズの写真を撮影できる点も撮影の幅を広げてくれる。それは、縦方向の撮影でも、横方向の撮影でも感じることができる。

iPhone 11 Pro Maxを縦に持ち、サンフランシスコのケーブルカーを、同じ位置から3つのカメラを使って撮影してみたがまったく異なる写真が撮れる。

iPhone 11 Pro Maxの超広角によるケーブルカーの写真
iPhone 11 Pro Maxの広角によるケーブルカーの写真

iPhone 11 Pro Maxの望遠によるケーブルカーの写真

また、東京モーターショーの会場となった東京ビッグサイトを、iPhone 11 Pro Maxを横に持って撮影したみたが、同じ場所からでも驚くほど異なる構図の写真が撮影できた。

iPhone 11 Pro Maxの超広角による東京ビッグサイトの写真
iPhone 11 Pro Maxの広角による東京ビッグサイトの写真
iPhone 11 Pro Maxの望遠による東京ビッグサイトの写真

もうひとつ、今回追加された機能が、「ナイトモード」である。

屋内外の明るさが足りない場所で撮影した場合でも、自然な色と低ノイズのより明るい写真に仕上げることができる。

今回撮影してみた東京ドーム横の小石川後楽園は、東京公園協会が運営しており、午後5時には閉門する。基本的には公園内に照明設備が少なく、閉園している夜間は真っ暗になる。撮影した写真は、目視では真っ暗で木の様子はわからないが、これをiPhone 11 Pro Maxのナイトモードで撮影したところ、木の様子がくっきりと映し出された。目視では見えないものまで写し出してしまう実力には驚いた。

夜の小石川後楽園。iPhone 11 Pro Maxのナイトモードで撮影した

また、トリプルカメラシステムとオールスクリーンのディスプレーの組み合わせで、構図の外側の部分を表示して、その領域まで保存してくれる機能もこれまでにない使い方ができる。あとから構図から切れていた細かい部分を考慮した編集ができる。

そして、ビデオ機能も進化している。拡張ダイナミックレンジと、映画レベルの手ぶれ補正によって撮影できる4Kビデオは、ビデオ撮影をより身近で、楽しいものにしており、SNSへの投稿でも効果を発揮しそうだ。

電車のなかでビデオ撮影をし、ループ再生をしてみたところ、車窓が動き、ずっと走り続けているような映像が撮影できた。そんなユニークな映像も高画質で撮影できる。

ちなみに、シャッターボタンを長押しすると録画が始まるQuickTake機能によって、写真モードから切り替えることなく簡単にビデオ撮影ができる点は使い勝手を高めており、うれしい機能のひとつだ。

そのほかにも、iPhone 11 Pro Maxでは、「スマートフォン史上最速のチップ」と位置づけるA13 Bionicによる高いパフォーマンスや、バッテリー駆動時間の長時間化、臨場感のあるサラウンドサウンド体験、有機ELのオールスクリーン表示を実現したSuper Retina XDRディスプレーの搭載など、新たな機能が目白押しだ。

実際に使ってみると、想像以上に楽しさを感じられるスマホであることがわかる。使う人が増加し、そのメリットや楽しさが浸透すれば、販売に、もう一段弾みがつくかもしれない。

(ライター 大河原克行)

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧