流行の茶色コーデに挑戦 濃淡や素材感変えてメリハリEDIFICE新宿店  三浦健司さん

――そう聞くとモノトーンは相性が良さそうですね。他にはどんな掛け合わせがおすすめですか?

「慣れてきたら、色物同士の合わせにも挑戦してみてほしいですね。例えばレンガ色のような赤系のブラウンを合わせてみるのはいいと思います。もしくは、ベージュのような少し明るい色味と合わせて同系色でまとめても面白いかなと」

――ブラウン同士の合わせは少し意外ですね。

「同系色なので実は相性がいいんですよ。ぜひ試してもらいたいですね」

ワントーンコーデはグラデーションが肝

――本日はコーディネートを3つ組んでもらいました。最初は先ほどおっしゃっていた同系色の組み合わせですね。

カーディガン 1万5000円(エディフィス)、ニット 1万2000円(エディフィス)、パンツ 1万4000円(エディフィス)、シューズ 1万6000円(アディダス×エディフィス)、スカーフ(私物)

「そうですね。カジュアルなコーディネートでブラウンを取り入れる場合、最初はかっちりしたジャケットは少し抵抗感があると思うんです。だからまずはカーディガンやスラックスで取り入れてみました」

――まさに先ほど言われていたブラウン同士の掛け合わせですね。

「いわゆる『ワントーンコーデ』です。ただ色味をそろえるだけでなく、アイテムによって素材を変えたり、ニットのゲージや織りを変えたりと、細かいところで変化をつけています」

――ワントーンコーデのコツはありますか?

「トップスが濃い色の場合はボトムスに淡い色を選ぶか、もしくはボトムスが濃い色ならトップスに淡い色を選ぶのがおすすめです。下から上に向かって、上から下に向かってと、グラデーションさせるようなイメージでしょうか」

「淡い色味のトップスから濃い色味のボトムスへ。グラデーションを意識しています」

――その考え方は他のコーデでも応用できそうですね。ではシューズにはどんなこだわりがありますか?

「革靴だとかっちりしすぎてしまうので、今回はスニーカーを合わせました。とはいってもスポーティーすぎるものだと逆に浮いてしまうので、スタンスミスのように少し上品なものを。ホワイトのスカーフとの兼ね合いを考えてもバランスがいいのかなと思いますね」

「シュータンやシューレースのチップがゴールドだったりと、細かなこだわりがあります」

「このスタンスミスは上質な生地を使っている『リコン』というモデルに、EDIFICEが別注したものなんです。かかと部分のカラーをクリーム色に変えていたり、あとは見えないところですが、ライニングにゴートレザー(山羊革)を使っているので履き心地も一味違います。配色も上品で、ジャケパンスタイルからカジュアルなスタイルまで相性がいい。もちろんブラウンとの相性も抜群です」

夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash
次のページ
ジャケット選びは「生地」と「色味」に注目
夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash