powered by 大人のレストランガイド

大地の力引き出す造り手の熱意 イタリア自然派ワインエンジョイ・ワイン(19)

フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州、ヴォドピーヴェッツのワイン
フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州、ヴォドピーヴェッツのワイン

イタリアのフリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州には、ラディコンやグラヴネル以外にも個性的なナチュラルワインの造り手が集う。個性の出し方は十人十色だが、共通する点がある。ワインの味わいの画一化や効率重視のブドウ栽培が招いた環境破壊など、経済のグローバル化や科学の進化が生んだ弊害への問題意識だ。そんな彼らのワインが世界的な支持を得ているのは、日本を含むワイン市場の今後を占う上でも注目に値する現象だ。

フリウリには雄弁な造り手が多い。ワイン造りに関する自らの哲学を一人でも多くの飲み手に知って欲しくてうずうずしている。そう想像した。

「パラスコス」のオーナー、エヴァンジェロス・パラスコスさんもその一人。ギリシャで生まれ、フリウリに移住後はレストランを経営しながら自家用ワインを造っていたが、「ラディコンとグラヴネルを飲んで感銘を受け」、本格的にワインを造り始めた。そのパラスコスさんは、「この辺りは一時期、フランスのブドウ品種を導入したことにより、アイデンティーが失われてしまった」と主張する。

フリウリも含めた世界のワイン産地には、たいてい、その土地固有のブドウ品種がある。ところが20世紀後半、自由貿易の拡大と共にワインの消費が世界的に伸びると、カベルネ・ソーヴィニヨンやシャルドネといったフランスの高級ブドウ品種の人気が高まり、多くのワイン産地がこぞって植樹。特徴的な香りを再現できる培養酵母の開発とも相まって、本来地酒だったワインは地域性を失っていった。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド