【写真はこちら】モーターショー 世界初公開の二輪車がズラリ

2019/11/5
コンセプトモデル「YAMAHA MW-VISION」はLMW技術を用いた三輪の次世代モビリティー。屋根付きの車体にリーン(車体の傾き)制御技術やリバース機能を搭載し、ヤマハが提唱する「ころばないバイクを」を具現化した
20年秋以降に日本でも販売が予定されている新型「YZF-R1」(ヤマハ)。EBM(エンジンブレーキ・マネジメント)やBC(ブレーキ・コントロール)といった最新の電子制御技術を搭載するスーパースポーツモデル
急速充電に対応した電動スクーター「E01」(ヤマハ)。125ccエンジン車に相当する出力をもつ都市型コミューター
こちらは着脱式のバッテリーを採用する電動スクーター「E02」(ヤマハ)。小型、軽量な車体に50ccエンジンに相当する出力のモーターを搭載する
20年夏以降に日本での発売が予定されている「テネレ700」(ヤマハ)。700ccの水冷直列2気筒270度クランクエンジンを搭載する軽量級のアドベンチャーツアラー
CB1000R(ホンダ)をベースにフロントバイザーやカスタムシートを組み合わせ、往年のカフェレーサースタイルに。各部もブラックアウトされ、より精悍な印象になっている
市販予定として展示された「ADV150」(ホンダ)。同クラスにはPCX150というスクーターを販売しているが、ストロークの大きい前後サスペンションや、2段階可変スクリーン、スマートキーなどを標準装備し、ひとクラス上の走りを実現したという
ホンダが開発したビジネス用電動スクーター「BENLY e:」。着脱式バッテリーの「Honda Mobile Power Pack 」2個を動力源にする。市販を予定している
カワサキブースで650-W1と共に展示されていたのが1965年登場の「メグロK2」。OHVの2気筒エンジンを搭載し、後にWシリーズへと発展するモデル

(ライター 佐藤旅宇)

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧