ご近所や会社にうかがいます 楽しい落語会の作り方立川談笑

イラストはイメージ=PIXTA
イラストはイメージ=PIXTA

落語はいまや手軽にいつでも楽しめる娯楽になりました。CDやDVD、テレビ、ラジオにインターネット。それでも、大勢が同じ場所に身を置いて体感する生の高座は格別です。寄席やホールの落語会に足を運ぶのはもちろん、落語家を招いて落語会を開催して楽しもうという積極的な人もいらっしゃいます。しかもこのところ増えているように感じています。今回は、そんな手作り落語会のひとつを例に、落語界の舞台裏を披露します。

先日は、大手の通販会社での落語会に出演してきました。お客様は、参加を希望する社員限定。つまり、一般には告知されない内輪向けの会です。

開演1時間前、私が到着したのは都内にある近代的なオフィスビルでした。高層階の一室に通されると、広い会議室の奥に大きな高座が目に入りました。この手の会でこれほどの高座は珍しい。3年前にこの会を始めて、徐々に質が向上していったんだそうです。うんうん、分かる分かる。手作り落語会の「あるあるネタ」です。座布団もしっかり落語対応のサイズでした。念のためにと我が家から抱えてきたマイ座布団に、出番はありません。別フロアからもかき集めたパイプ椅子がずらりと100席並んでいて、これはもう立派な落語会の会場です。

本来だとここから照明とマイクのチェックをするところですが、照明機材は特にないので通常の蛍光灯のまま。マイクとアンプもありましたが、この広さなら地声でいく方がよいでしょう。持参した出囃子(でばやし)のCDの音量と操作のタイミングを簡単に打ち合わせして、事前準備終了。すぐに私は楽屋(同じフロアの小さな会議室)に移動し、着替えを始めました。お、姿見の大きな鏡と、着替え用の敷物が用意してある。うれしいなあ。

出演料は業界の相場で

ここから一旦わきにそれて、手作り落語会を開催するためのもっと深い話をしてみます。

今回の主催者から出演依頼のメールをいただいたのは半年以上まえのこと。会の趣旨やこれまでの活動経緯などが熱心かつ丁寧に書かれていました。「ここまで続けて来た会の、節目としてぜひ」というのと、弟子がお世話になっていたりなどなど、事情がいくつかあり、特別にお引き受けすることにしました。

「特別に」と言うと、もったいつけて偉そうですね。それでも私の認識としては「一席あたり二ツ目5万円、真打ち10万円以上が業界の基準」なのです。「それ以下で仕事を受けると、落語家全体の相場がおかしくなるから」とは、弟子にも申し伝えているところです。が、もっと言うと、その金額自体も実際は流動的なのです。普段の都内での落語会でも、その額に満たない仕事は多々あるわけで……。

落語家側がディスカウントに応じる口実はいくつかあります。

・いつも自分や周囲の者がお世話になってるから。

・地域落語に尽力されている姿勢などをリスペクトして。

・目先の生活費がわずかでも欲しい。

ま、ま……、そこは交渉のしどころということになりますが、私としてはなるべく買いたたかないでいただきたいなあ、と思うところです。

エンタメ!連載記事一覧