鎌倉シャツが上海店 高級路線でビジネスマンとりこに

2019/11/3

シャツはニューヨーク店と同じく、欧米流の「胸ポケットを設けない製品を販売するという。中国では日本と同じく胸ポケット付きのシャツが主流。しかし「シャツは下着扱いだからポケットは不要」とする欧米流の型を販売することで独自性をアピールする。

ビジネス衣料分野には開拓の余地

シャツのパターンオーダーは899元から

貞末常務は「国際基準で最高レベルのビジネス用シャツを提供していく。顧客が袖を通した肌触りの良さから、初めて日本製に気付いたという形にしたい」という。中国ではブランド間の生き残り競争が激しいカジュアル衣料と比べ、ビジネス衣料の分野はまだ開拓余地が大きいとみる。「着心地や品質がより重視されるので、ものづくりの技術が生きてくる」と貞末常務。

パターンオーダー専用カウンター

鎌倉シャツの強みは、17年から中国語のオンラインストアを開始し、越境ECで中国に商品を発送していた点だ。インバウンド需要での顧客と合わせ約2万人のユーザーのデータを把握しているとしている。今年1月からはネット通販大手、アリババ集団の「天猫(Tモール)」にも出店した。

同社では、先行して上海に進出した各ブランドが、急成長するEC取引に顧客を奪われて苦戦しているのとは異なるビジネス戦略を立てられるとしている。まず鎌倉シャツの購入経験を持つ顧客へのアピールを前面に出して認知度を高める考えだ。将来は欧米のファッションマナーを紹介、指導する「服育」と組み合わせた事業も展開する考えだ。

(松本治人)

夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash
夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash