街でも人気「ハードシェル」 狙いは防水&ストレッチこの冬注目のオンオフ兼用アウター

本格的なアウトドアに使用できる機能性を持ちながら、タウンユースとしても活躍するハードシェル3着を紹介する
本格的なアウトドアに使用できる機能性を持ちながら、タウンユースとしても活躍するハードシェル3着を紹介する

そろそろ本格的なアウターが欲しくなる季節。コストパフォーマンスも考慮するなら、オンオフ問わず着られるものが望ましい。そこで、今年注目のオンオフ兼用アウターを、タイプ別に3回にわたって紹介する。前回「流行関係無しの大定番 10年着られる英国コート3選」ではビジネスに重点を置き英国コートを紹介したが、今回取り上げるのはオフを中心に活躍するアウトドアブランドのハードシェルだ。

ハードシェルとは、主に雪山でのアウトドアアクティビティーで、一番外側に着ることを想定して作られたジャケット。悪天候にも耐えられるように丈夫な素材で作られており、防水透湿性が高い。アウトドアウエアが街着として浸透した現在は、レインウエアや秋冬のアウターとして多く用いられている。今回は、防水性に加えてストレッチ性も備えた、タウンユースとしても使えるハードシェルを3つ紹介する。

中綿入りで保温性も高い/カリマー

カリマー「グレンコー インシュレーション ジャケット II」(メーカー希望価格2万8000円、税別※以下同)

英国発のアウトドアブランド「カリマー」から、タウンユースとアウトドアユースをクロスオーバーするモデルとして、19年秋冬シーズンに登場。機能性を高めながら、着心地の良さにもこだわっている点が特徴だ。

素材には、耐水性・ストレッチ性に優れたカリマーのオリジナル防水透湿素材「weathertite」を採用。表地だけでなく、内側にも2Wayストレッチ素材を使用しているため、アクティブな動きにも対応する。さらに、ストレッチ性を持つ中綿素材を封入することで、動きやすく保温性に優れた1着に仕上がっている。

ストレッチ性に優れたカリマーのオリジナル防水透湿素材「weathertite」を採用

ヘルメット対応の大きなフード、内側のウエストにスノーガード、グローブをしたままでも扱いやすい大きめのフロントフラップ、クリアータイプのチケットホルダーなどを搭載。これらのディテールから、スノーアクティビティーでの使用を想定していることが分かるが、グローブやゴーグルまで入る大容量のフロントポケット、内側のインナーポケットなどの装備は、街着としても非常に便利。

18年に発売された前モデルも継続して販売されており、30~40代男性から支持され、店頭では売り上げ好調だという。「昨年を振り返ると、ECサイトで10月ごろから売り切れが続出した」と話すのは、カリマーインターナショナル広報の平野咲氏。今回の新作にも注目が集まっているという。

生地の柔らかな風合いも魅力/ミレー

ミレー「ティフォン 50000 ウォーム ストレッチ ジャケット」(2万9000円)

フランス生まれのアウトドアブランド「ミレー」が独自開発した日本製の生地素材「ドライエッジ ティフォン 50000」を使用しているジャケット。この製品の初代モデルは2015年に発売され、その後も改良を繰り返しながら販売されている。

MONO TRENDY連載記事一覧