日本&ルーマニア 靴好きが注目する「東」の職人技2019本格靴の研究(4)

MEN’S EX

2019/12/4

■Saint Crispin’s/サン クリスピン

今、世界が注目する東欧の手製靴

極めてクラシック、そして独特な表情を湛えた靴だ。重厚でありながらエレガントな曲線美が際立つフォルム。エキゾチックな香り漂うアッパーデザイン。そして、ビスポーク靴のような手の温もりを総身に宿している。ウィーンに本社を、ルーマニアに工房を構えるサン クリスピンは、ハンドソーン製法による昔ながらの靴作りを堅守している。それでいて、シェイプは非常に洗練されているのが実に魅力的だ。昨今は海外のクラシックストアでも大人気。日本でも改めて注目したいブランドである。 22万円(伊勢丹新宿店)

1. 厚みを持たせた力強いトウシェイプ

クラシックなラウンドトウは適度なボリュームを持たせてあり、足元に力強さを加味。それでいてボッテリと見えないのが絶妙だ。

2. 美しいウエストの絞り込みが絶品

グッと絞りこまれ、立体的なアーチを形成するウエスト部分。ビスポーク然とした美観だけでなく、履き心地にも繋がっている。

3. 常時オーダーできるショップも

原宿のブライスランズでは、サン クリスピンのメイド トゥ メジャーを常時受け付けている。様々なラストやデザイン、アッパーから選べ、フィッティング調整のためラストのカスタマイズも可能だ。 オーダー価格は21万円~(ブライスランズ&コー)

4. 躍進を支えるのはフィリップ・カー氏

ブランドのマネージメントを担当するカー氏。日本をはじめ、各国で行っているトランクショーも取り仕切るキーパーソンだ。

※表示価格は税抜きです。

撮影=伏見早織、若林武志、武蔵俊介 スタイリング=武内雅英(CODE) 構成・文=小曽根広光

MEN'S EX

[MEN’S EX 2019年11月号の記事を再構成]

注目記事
今こそ始める学び特集