若者が熱狂するeスポーツ大会 視聴者は700万人

日経クロストレンド

RAGEの配信視聴者は700万人を突破

――イベントの来場者数、配信の視聴者数とも順調に伸びていますね。

大友 16年1月のイベントでは来場者は150人程度、配信の視聴者は13万人程度でした。それが18年5~6月の「RAGE 2018 Summer」では、予選も含めた総来場者が3万5000人を突破し、動画配信の視聴者は700万人程度まで伸びました。RAGEはイベントによって扱うタイトルが違うので来場者数や視聴者数が増減しますが、この大会を機に年間で来場者は10万人、配信視聴数は3000万回を超えるコンテンツに成長しています。

RAGEの立ち上げ以来、日本で一番のeスポーツイベントを開催したい、あらゆるゲーマーが立ちたいと思える舞台にしたいという思いで続けてきました。格闘技のイベントを参考に、対戦格闘ゲームでも同じようなことができないかと考えて演出しています。立ち上げ当初は投資期間として、収益はあまり考えていませんでした。19年から収益も考え始め、ようやく道が見えてきたところです。

イベントに協賛してくれるスポンサー企業も増えてきていますし、スポンサー料も以前に比べれば高くなってきました。いずれかの大会にスポット的に協賛するのではなく、長期的に継続して協賛してくれる企業が増えていることにも手応えを感じています。

シャープ「AQUOS ZERO」は、実際にゲームをプレーしてスマホの性能の高さを体験できるブースをRAGEの会場に出展している

――スポンサーが増えた要因は何でしょう。

大友 若年層にリーチできることが大きなアドバンテージでしょう。RAGEの来場者の8割は10代、20代。しかも、その9割以上が大会をサポートしてくれるスポンサー企業に好意的な印象を持つというデータがあります。それは、ただの広告ではなく、eスポーツファンに合ったプロモーションをしているからです。

例えばRAGEの大会の会場で、ネスレの「キットカット」や花王の「めぐりズム」は来場者に商品サンプルを配りました。前者は試合中の選手が栄養補給で食べていますし、後者はゲームで疲れた目をほぐすのに向いています。いずれも来場者と親和性の高い商品です。ブースを出展したシャープのスマートフォン「AQUOS zero」は、端末で『ブロスタ』や『シャドウバース』といったゲームをプレーしてもらうことで、ゲームとの相性の良さをアピールできていました。

オンラインで視聴しているユーザー向けには、ロゴを掲出したり、試合の合間などにCMを流したりするのが一般的です。CMというと鬱陶しがられるのではという懸念もありますが、大会やeスポーツシーンになじむ映像を流すとポジティブに捉えられ、SNSなどでバズることもあるんです。

最近では、ゲームメーカーからRAGEを新作ゲーム発表の場にしたいという話も出てきて、プロモーションの場としてRAGEが選ばれるようになってきたことを実感しています。

イベントの有料化も着々

――スポンサー収入以外の収益面はいかがですか。

大友 少しずつですが、イベント自体にお金を払ってもらえるようにしています。18年11月に開催した「RAGE 2018 Winter」内のイベント「RAGE LoL SUMMONER's FEVER」では、同イベントのエリアのみ有料(前売り券3000円、当日券4000円)としました。韓国から有名選手2人をゲストに呼んだこともあり、エリアの入場者は2000人を超えました。19年の「RAGE Shadowverse Pro League 2018 League Championship」「ストリートファイターリーグ powered by RAGE」も特典付きとはいえ全席有料にしています。

無料のイベントが急に有料になるとお客さんも戸惑ってしまうかもしれませんが、満足してもらえるようにクオリティーを高めつつ、取り組んでいきます。将来的にはリアルスポーツのように、座席によって価格を変動させられればと思っています。

eスポーツを定期的に開催できる拠点も作りたいですね。実は2年前から検討しています。今はイベントごとの開催だったり、同じリーグでも毎回開催場所が変わったりしていますが、eスポーツ用の拠点があれば、ファンの方々も来場しやすくなるでしょう。RAGEの知名度はだいぶ上がってきましたが、一般のゲームユーザーの認知度はまだまだ低いので、もっとさまざまなタイトルで大会を開いていきたいです。

――最後に、19年9月にリリースしたスマホアプリ「PLAYHERA」について教えてください。

大友 「PLAYHERA」は新しいeスポーツコミュニティーのプラットフォームです。もともと海外で展開しているサービスをローカライズしたもので、主催者がeスポーツの大会を手軽に開催・運営できる機能や、ユーザーが大会を探して参加できる機能、eスポーツに特化したSNS機能などを備えています。大会をたくさん開催し、参加者を集められる主催者は、収益が得られるようなプログラムも検討しています。将来的には、ユーザーが一緒にプレーする人を募集したりマッチングしたりする機能やコーチング機能も実装予定です。

チームや選手と主催者、スポンサー、IPホルダーをつなぐハブとして、eスポーツのエコシステム構築に役立てられたらと思います。

スマホアプリ「PLAYHERA」は主催者、ユーザーそれぞれが使えるeスポーツプラットフォームを目指す

(ライター 岡安学)

[日経クロストレンド 2019年10月16日の記事を再構成]

「マーケ・デジタル戦略」が分かるデジタルメディア、日経クロストレンド

「日経クロストレンド」では「P&Gマフィア」「AIを使ったリアル店舗の逆襲」「クルマ・鉄道を変えるモビリティ革命『MaaS』」「中国ネット企業の実情」など、次の時代を予見するマーケティング・デジタル戦略の特集記事を毎月たっぷりお届け。マーケ担当者に加えて、経営者・役員やIT担当者など、幅広い層に読んでいただいています。


MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧