深川麻衣 感謝伝えたい、卒業記念にもらった絵

『まだ結婚できない男』(カンテレ・フジ系 全国ネット)毎週火曜よる9時放送

「結婚できない女」かもしれません

10月から出演中のドラマは『まだ結婚できない男』。偏屈だけどどこか憎めない独身建築家・桑野信介を阿部寛さんが演じた『結婚できない男』の13年ぶりの続編だ。深川さんは、第1話で桑野の隣に引っ越してきたヒロインの1人、戸波早紀を演じている。

「高校生の時に見ていたドラマの世界に入るというのは、すごく不思議な感覚です。顔合わせで阿部寛さんが来られたときに『あ、桑野さんだ』と感動しましたし、撮影中も、『桑野さんが目の前にいる……』と思って、ちょっとうれしくなってしまうこともあります(笑)」

「『結婚できない男』をリアルタイムで見ていたので、続編が決定したと聞いて、いちファンとしてうれしくなりました。しかもその続編に登場人物の1人として出られるなんて。13年前、高校生だった自分は、本当に思ってもいなかったです。

戸波早紀はもともとアイドルで、今は駆け出しの女優としてがんばっている女の子です。たどってきた道のりが自分と似ているので、台本を読みながら『がんばって!』と応援してしまう部分があります。

性格は明るくて、何事にも一生懸命。ただ、悪気もなく相手がイラッとするようなことを言って、怒らせてしまったりする(笑)。桑野さんもひとクセある男性ですけど、早紀もちょっとクセが強い部分があるので、台本をいただくたびに『こういう一面もあるんだ』という発見があって面白いです」

桑野は「結婚にメリットを感じない」と考え、53年間独身を通している。深川さんはそんな男性を、どう思うのか。また深川さんが考える結婚のメリット、デメリットは?

「脚本が本当に面白くて。いただくたびに1人で吹き出して笑ってしまうんです。脚本の1行1行から前作の世界観がリアルに想像できて、『ここであの音楽が入るのかな』とか、想像してワクワクしながら読んでいます」

「桑野さんの考え方は、必ずしも悪いことではないのかなと思います。最近はおひとり様専用焼き肉のお店も人気ですよね? 飲食店でも、カウンター席が増えてきた気がする。そんなふうに1人の時間を楽しめるということは、自立しているということ。人としての強さを感じて、カッコイイなとも思います。

結婚のメリットは、お互いに助け合えたり、面白いと思うことを共有できたりすること。自分が楽しいと思ったことを、相手の人も楽しいと思ってくれたら、楽しさが倍になりますよね。そういうところはとてもすてきだなと思います。

デメリットに関しては……結婚していないのでまだわからないです。それに、今はまだ希望を持っていたいです(笑)」

深川さん自身は「結婚できない女」、それとも「結婚できる女」?

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
買い物は、慎重派になりました
MONO TRENDY連載記事一覧