「呼きつね」のいなりずし。油揚げはシャリに巻きつけているのが特徴

続いては六本木にある「西麻布 いなりや 呼(こ)きつね」。地下鉄の六本木駅から徒歩2分の場所にひっそりと店舗を構えているテークアウトのみのいなりずし専門店だ。南青山で評判のすし店「鮨處(すしどころ)かざま」の系列店にあたり、16年6月に西麻布から移転して現在の場所で営業している。

特徴的なのは、小ぶりな一口サイズであることと、油揚げをシャリにくるっと一周して巻き付けている独自の製法だ。いなりずしといえば油揚げが袋状になっているものが一般的だが、「コメ一粒ひと粒の味を楽しめるように、当店では油揚げに入れ込むのではなく巻き上げてお出ししています」(呼きつね女将の風間とし江さん)とのこと。

同店のいなりずしは、「かざま」店主の風間裕二さんが客へのお土産用にと考案したのが始まりだ。全国のさまざまな油揚げを使って試作し、その中で最も理想的な食感だったのが熊本名産の南関揚げ。極力水分を減らして揚げているため、だしが染み込みやすいのが特徴だが、油抜きにも非常に手間暇がかかり、扱いも難しい。

しかし、ほかにはないジューシーな食感に魅力を感じ、毎日一つひとつ手づくりで提供していたところ、常連客を中心に人気商品に。そこからいなりずしのみを提供する「呼きつね」が誕生した。

「呼きつね」外観。路地裏でひっそりと営業しているため、見落とさないよう注意を

メニューは定番の「金胡麻」「胡桃(くるみ)」や、通年で提供している「焼海苔(やきのり)」「明太子」、ほかに季節によって異なる具材が登場する。「すし店の作るいなりずしということで、食材も品質の良いものにこだわり、お揚げとのバランスも考えて具材を開発しています」と風間さん。

取材時は季節の具材として「牛しぐれ」「栗」というラインアップだったが、食材は和風に限らず、過去にはチーズやレーズンバター、レモンジュレなど、多彩な味に挑戦。シャリはどんな食材にも合うよう酢を控えめにしているそうだ。

商品は8個入り(1200円~・税込み)から48個入り(7500円~・税込み)まで。基本の「金胡麻」「胡桃」は必ず入り、そのほかの具材は好みのものを選ぶことができる。同じ個数でも組み合わせによって値段が変わる。季節の具材は約1~1カ月半ほどの周期で変わり、一口サイズでパクッと食べられるため、飽きずにいろいろな味を楽しめそうだ。

同店はテレビ局が近いこともあり、芸能人やテレビ関係者、舞台への差し入れとして買って行く客も多い。飛び込みで購入できることもあるが、注文の多い日は商品を渡すまで時間がかかる場合もあるそうなので、事前に予約するのをお勧めする。

いなりずしの素朴なイメージはそのままに、店のこだわりによってさまざまな個性で輝いている最近のいなりずしはかなりグルメに進化していた。取引先や職場関係者、家族のもとへ持って行けば、小粋な土産物として喜ばれそうだ。

(フードライター 古滝直実)

メールマガジン登録
大人のレストランガイド