2度進化する国産サプライズトイ 世界的ヒット狙う

日経トレンディ

最初は楕円状で、リズム遊びをするうちにまず毛が生え、最後に起き上がって最終形態になる。声を掛けて応援しないと次の形態に進化しないなどの仕組みも斬新(C)TOMY
最初は楕円状で、リズム遊びをするうちにまず毛が生え、最後に起き上がって最終形態になる。声を掛けて応援しないと次の形態に進化しないなどの仕組みも斬新(C)TOMY
日経トレンディ

注目の新製品や新サービスをピックアップ、市場性や開発者の声などから、日経トレンディ記者が大胆に「ヒット予報」をする。今回取り上げたのは、タカラトミーのサプライズトイ「Rizmo(リズモ)」だ。

◇  ◇  ◇

タカラトミー「Rizmo」
●実勢価格/7780円(税込み)
●サイズ/幅150×高さ190×奥行き110mm
●対象年齢/6歳以上
●使用電池/単3形アルカリ電池4本
●発売日/2019年9月14日

サプライズトイで相次ぐヒットを生んだタカラトミーが、新たに「Rizmo」を世界同時発売した。

市場の本格立ち上げから間もないが、すでに85億円規模の一大ジャンルに成長したサプライズトイ。タカラトミ-が、16年10月に発売した「うまれて!ウーモ」が火付け役となり、その後も同社は年間で国内シリーズ累計出荷330万体を超える「L.O.L. サプライズ!」など送り出した。新たに世界同時発売するのがリズモだ。

サプライズトイという新市場が生まれ、女児玩具市場は急成長。タカラトミーは「うまれて!ウーモ」(左)や「L.O.L. サプライズ!」(右)など海外のヒット商品を国内に持ち込む(C)TOMY
(注)一般社団法人 日本玩具協会の「玩具市場規模調査結果データ」から「女児玩具」分類を抜粋し日経トレンディ編集部が作成

リズモ最大の特徴は「進化」。最初は楕円状のフサフサな物体。遊んでいくとまず突起のような毛が生え、さらに遊ぶと起き上がって顔や手足が登場する。形態が2度変わる仕組みで、声をかけることで「応援」して進化させる。

本体を揺らして音を奏でたり、声を聞かせて物まねさせたりして遊べて、進化後は遊びのレパートリーが増える。カラーは3色で、それぞれサウンドなどが異なる2タイプを用意。進化するまで、どちらのタイプか分からない。

本体を振ると笑う、泣くなどして反応したり、その方向によって様座な楽器の音を奏でたりする(C)TOMY

ウーモやL.O.L.は、海外の人気玩具をタカラトミーが「輸入」してヒットさせた商品で、実はサプライズトイブームは海外発といえる。オリジナルの玩具を国内外でヒットさせるべく、同社は18年、世界的なヒットを狙う商品を企画・開発する専門部署を立ち上げ。リズモはその第1弾商品になる。30以上の国と地域で順次発売し、販売目標は全世界で年間100万個。輸入に続き「輸出」でも成功できるか、玩具業界にとっても注目の商品だ。

ヒット予報
「ガラパゴス市場」と言われていた日本の玩具業界が、近年は変化。リズモのような見た目も従来は「かわいくない」と一蹴されていただろうが、今の子供には全く抵抗がない。日本で手堅くヒットし、海外市場に食い込みたい。

[日経トレンディ2019年11月号の記事を再構成]

「マーケ・デジタル戦略」が分かるデジタルメディア、日経クロストレンド

「日経クロストレンド」では「P&Gマフィア」「AIを使ったリアル店舗の逆襲」「クルマ・鉄道を変えるモビリティ革命『MaaS』」「中国ネット企業の実情」など、次の時代を予見するマーケティング・デジタル戦略の特集記事を毎月たっぷりお届け。マーケ担当者に加えて、経営者・役員やIT担当者など、幅広い層に読んでいただいています。


MONO TRENDY連載記事一覧