AIと私は付き合える? ビリギャルが第一人者に聞く人工知能(AI) (前編)

ギャルの女子高生が慶応大に合格するまでを描いた「ビリギャル」のモデルとなった小林さやかさんが、様々な分野の専門家に率直な疑問をぶつけます。今回は人工知能(AI)編。大学院生になったビリギャルが、あなたに代わって勉強してきます。

私、全国各地の教育の現場で講演をさせてもらうことが多いんだけど、AIの影響で教育がどう変わるのか、興味がある。暗記ばかりの勉強は、通用しなくなるはずだし、そもそもAIで私たちの生活がどう変わるのか基本的なところから知りたい。鉄腕アトムを作りたいと願い30年以上AIを研究してきた公立はこだて未来大学の松原仁教授を訪ねてきたよ。

(前回)ビリギャルも投資できる? レオス藤野氏に教わった

――松原先生、そもそもAIっていま、どこまで私たちの日常に浸透しているものなんですか。日本より海外のほうがもっと進んでいますよね。

「ちょっとイヤな感じの話から始めますね。例えば米国では、どこの町で何曜日の何時に犯罪が起きているのかを統計として集めて分析し、次の強盗事件の発生予測をしています。かなりの確率であたるらしい。だから警察官もAIの指示に基づいてパトロール先を決めたりするそうです。また、中国は監視カメラだらけです。犯罪者はすぐ捕まるだけでなく、人々の行動をカメラが捕捉してAIが勝手にプラスとかマイナスとか、点数化するらしいんですよね」

――なんかそれ怖い……。常に監視されてるってことですよね。人の行動をAIが判定して点数化するのは、誰のため、何のためにしているものなの? 政府が自分たちのための何らかの目的のためにしているの? それとも国民の安全のため?

「それが微妙ですよね。中国の場合は国にとってどうかということでしょう。でも、国の政策に反対してデモ行進するのは、政府から見たらマイナスだけど、社会にとってはプラスになる行動かもしれない。僕が言いたいのは、AIの使い方次第で国が思うように国民を同じ方向に向かせることもできるかもしれないし、反対に社会をよくするために使えるかもしれないということなのです」

――じゃあ国ではなくて企業が主導するのはどうですか? そのほうが何か怖いことに使われそうになったら歯止めも効きそうだし。

「でも企業にも問題はあるんです。民間企業が主導すると、自分のところの利益に合う行動をする人の点数を高くしますから。日本でもこういう問題はすでに起きていますよ。皆さんはスマートフォンで乗り換えソフトを使って交通手段を調べるでしょ? おいしいモノが食べたいときは、ランキングのサイトを使いますよね。でも、それは本当に最善の答えを出してくれているのか。もしかしたら、情報が操作されていて、情報を提供している企業にとって都合のよいように表示されているかもしれないわけです。AIとの付き合い方という意味では、ごく身近なところでこういう問題が起きているんです」

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ