powered by 大人のレストランガイド

「変わり種甘酒」8種飲み比べ 透明タイプや抹茶味も

5社・計8種の「変わり種甘酒」を飲み比べ
5社・計8種の「変わり種甘酒」を飲み比べ

甘酒は「酒」と名がつくものの、アルコールはほとんど含まない日本の伝統的な甘味飲料です。スーパーやコンビニなどで手軽に手に入る「おやつ」として親しまれてきました。2016年ごろからは甘酒の栄養面がフィーチャーされ、ビタミンやアミノ酸などを豊富に含むことから「飲む点滴」として知られるようになり、ブームが巻き起こりました。その後も女性を中心に幅広く飲まれています。

コメ麹(こうじ)を主体としたシンプルな原料だからこそ、新しい飲み方の提案として各社さまざまな甘酒商品を発売しています。そこで、今回は主要メーカーおよび19年に発売された新商品の中から、スタンダードな甘酒とはひと味異なる「変わり種」甘酒8種を飲み比べ。「すっきりタイプ」「フレーバータイプ」「機能性成分配合」の3つのカテゴリーに分けて紹介します。

酒粕(さけかす)が苦手な人にお薦め! ゴクゴク飲めるすっきりタイプ

左から八海山「麹だけでつくったすっきりあまさけ」、ハナマルキ「透きとおった甘酒」

甘酒といえば、とろみが特徴的な酒粕甘酒とすっきりとしたコメ麹甘酒の大きく2種類に分けられます。酒粕独特の香りやとろみが苦手という人には、後者の甘酒がお薦めです。すっきりと飲みやすいコメ麹甘酒2商品を飲み比べてみました。

八海山「麹だけでつくったすっきりあまさけ」118グラム(税別190円)

新潟の老舗酒蔵として知られる八海山のヒット商品「麹だけでつくったあまさけ」から糖質を30%カットし、甘みを抑えてよりすっきりした味わいを実現した商品です。白濁した見た目は濃厚な味を連想させますが、飲んでみると意外なほどスルスルと飲め、甘さもしつこくありません。

麹の香りも穏やかで、舌や口の中がベタベタする感覚もなく、商品名の通りすっきりとしたおいしさを最後まで楽しめます。飲みやすさはもちろん、コンパクトで思わず手に取りたくなるようなデザインの容器も女性の嗜好をしっかり押さえていると感じました。

「新潟魚沼の地で酒を造り続ける弊社の伝統が培った発酵技術でコントロールした麹を使い、すっきりと上品な味わいに仕上げました。『すっきりして飲みやすい』『一度飲むとほかに変えられない』というお声をいただくことが多いです」と話すのは、八海山広報担当の浜崎こずえさん。これからの季節は温めて飲むのもお薦めとのこと。

八海山「麹だけでつくったすっきりあまさけ」
甘み    ★★★☆☆
香り    ★★★☆☆
飲みやすさ ★★★★★

ハナマルキ「透きとおった甘酒」125ミリリットル(オープン価格)

19年4月、味噌や塩麹など発酵食品でさまざまなヒット商品を生み出してきたハナマルキから、コメとコメ麹だけを使った甘酒が登場しました。見た目はみりんを思わせるような透明な薄茶色の液体で、とても甘酒には見えませんが、香りは甘酒らしい麹の香りです。

一口飲んでみると、見た目通り透明感のある味わいに驚き。とろみやクセがまったくなく、後味でほのかに麹らしき甘さを感じる程度。これまで飲んだ甘酒とも、またほかの飲み物とも違う新しい飲み物のように感じました。パッケージ写真のように氷を入れて飲むとさらに飲みやすく、大人から子どもまで飲む人を選ばない商品だと感じました。

「コメ麹甘酒を丁寧にろ過することで、甘酒の透明化に成功しました。『健康のために甘酒は飲んでみたいが、特有の粒や香りが苦手』という方にも幅広くお試しいただきたいと考えています」とハナマルキ広報宣伝室の杉山麻衣子さん。同社は12年から塩麹を透明な液体にした「液体塩こうじ」を発売しており、とろみのある麹を透明化する技術が甘酒にもうまく転用されているようです。紅茶や赤ワインなど、ほかのドリンクやアルコールと割って飲むのもお薦めとのこと。

ハナマルキ「透きとおった甘酒」
甘み    ★★☆☆☆
香り    ★★★☆☆
飲みやすさ ★★★★★
メールマガジン登録
大人のレストランガイド