ログを縦軸で管理する新フォーマットが見どころ!

方眼ノートでおなじみのデルフォニックスのロルバーンシリーズ。ノートタイプの「ロルバーンダイアリー」に、機能的な新フォーマットが登場しました。新しい「ロルバーンノートダイアリー ログチャート」は、項目ごとに予定やTODOを明確に分けられるよう「縦軸」に注目したレイアウトが特徴です。

A5サイズ(左)とB6サイズ

「ロルバーンノートダイアリー ログチャート」は、A5サイズとB6サイズの2つのサイズ。表紙のカラーはグレージュ・イエロー・レッド・ダークブルー・ホワイトの全5色。ビジネスシーンからプライベートまで使いやすい色合いです。

見開きで「マンスリー」と「ログチャート」が一体化

左が通常のマンスリーで、右が4つの項目に分かれている「ログチャート」になっています。記入マスの幅が広いので、日々の健康管理や家計簿メモなど好きなことを縦軸に書き込むことができます。または、家族の予定をそれぞれ書くといったスケジュール管理にも最適です。見開きでカレンダーと、予定を照らし合わせながら確認することができます。

メモページは5mmの方眼

メモページは5mm方眼で29ページ使えます。色はクリーム色の上質紙が使われています。万年筆で書いてもインクのにじみと裏写りを抑えられているので裏抜けしにくいのが特徴です。家族の予定や、健康のメモ、お金の管理といった、サブ手帳としても使うことができます。

デルフォニックス「ロルバーンノートダイアリー ログチャート」
サイズ:A5  148×210mm、B6 128×182mm
価格:A5 900円(税抜)、B6 700円(税抜)
期間:2019年10月~20年12月

プロジェクトが多い方はガントチャートで徹底管理!

仕事でプロジェクトを掛け持っている方は「ガントチャート」と呼ばれる形式でスケジュール管理するのがおすすめです。「ガントチャート」とは、横軸が日付で、縦軸が予定やプロジェクトなどを書き込むことができるフォーマットです。1カ月の進行状況などの全体を見渡すことができます。

B6サイズ(左)とA5サイズ

「複数のプロジェクト」を管理しつつ、「自分の予定」も1冊で管理できる手帳が、ミドリの「ダブルスケジュール ダイアリー 進行」です。大きさはA5サイズとB6サイズの2つのサイズ。表紙の色は白と紺の2色でビジネスシーンで使いやすいカラーになっています。

赤のページは「月間ブロック」

まずは「月間ブロック」のページです。日付の1マスはケイ線が印刷されているので、細かい予定などたっぷり書きこむことができます。左側にはリスト型カレンダーが付いており、予定や日記メモにつかったり一覧で見たい項目を書いたりするのにも便利です。下部はメモスペースになっているので、備忘録としても使えます。

グレーのページは「プロジェクトページ」

「月間ブロック」と「プロジェクトページ」が毎月交互に入っています。「プロジェクトページ」はガントチャートのフォーマットになっており、横軸が日付で縦軸が項目になっています。最大10項目まで進捗を管理することができます。仕事のプロジェクトだけでなく、家族の予定や旅行の計画などプライベートの予定を書き込むといった使い方もできます。

押さえる位置で開くページが変化

「ダブルスケジュール 進行」はインデックスに面白い仕掛けが付いています。ページ上部はグレー、下部は赤のインデックスが付いており、ページの上を持ってパラパラするとグレーの「プロジェクトページ」だけ、下を持ってパラパラすると赤の「月間ブロック」が開きます。「プロジェクトページ」だけ見たいといったときなどは、検索性が高くとても便利です。

ミドリ「ダブルスケジュール ダイアリー 進行」
サイズ:A5 152×214mm
    B6 132×186mm
値段:A5 1500円(税抜)
B6 1300円(税抜)
期間:2019年10月~20年12月

とりあえず1冊持つならマンスリー手帳がおすすめ!

最近社内のスケジュールはアプリやウェブカレンダーを利用する企業が増えています。デジタルはスケジュールの共有がしやすい半面、例えば「3カ月後に旅行に行くかもしれない」といった漠然とした予定を入れにくい欠点もあります。その点、紙の手帳ではメモページなどに記入することができるので、デジタルとアナログのいいとこどりで使えます。最近は特にウイークリー手帳よりもマンスリー手帳の人気が高まっています。週の予定を細かくウイークリーに書こうと思って途中で挫折してしまうといった経験はありませんか? 職場の環境や業務内容が変わるとそこまで細かいスケジュール管理をしなくていい場合もありますよね。そんなときはとりあえず1冊マンスリー手帳を持つのがおすすめです。ノートページが多いものや、機能が豊富なものなど用途や好みに合わせて選ぶと、1年使える相棒になりますよ。

(文・写真 やまぐちまきこ)

やまぐち まきこ
年間300万PVを超える人気ブログ「フムフムハック」の編集長。文房具を中心に「読んでフムフム・ワクワクする」コンテンツを発信。雑誌やWEBで文具ライターとしても活躍中。フムフムハック:https://www.fumufumu89.com/