powered by 大人のレストランガイド

イタリア自然派ワインの本命フリウリ 先駆者の信念エンジョイ・ワイン(18)

伊フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州の代表的ワイナリー、グラヴネルのワイン
伊フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州の代表的ワイナリー、グラヴネルのワイン

世界的に人気が高まっている「ナチュラルワイン」。日本でも東京を中心に専門店が次々とオープンするなど、ワイン全体の消費が停滞気味のなか注目を集めている。今や多くの国や地域で造られているが、中でも北イタリアのフリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州は有名で、日本にも熱烈な愛好家が多い。現地から2回に分けてリポートする。

ナチュラルワインは一般に、無農薬・無化学肥料の有機栽培ブドウを使い、市販の培養酵母でなく、ブドウの皮や醸造所内に常在している天然酵母で発酵させたワインを指す。また、雑菌の繁殖や酸化を防ぐための亜硫酸の添加は全くしないか、しても極少量にとどめ、ワインをきれいに見せるための澱(おり)引きをしないものも多い。有機ワインと混同されることも多いが、有機ワインは天然酵母の使用や亜硫酸の添加量には必ずしもこだわらない。

保存の際の温度管理が難しく、濁った外観や個性的な風味が「異物混入」や「異臭」と誤解される恐れもあるため、日本でもナチュラルワインを置いている店は多くはない。それでも、今年5月に出版された「ナチュラルワイン」(誠文堂新光社)には、全国48軒のワインショップと126軒のレストラン・バーが、ナチュラルワインを置いている店として紹介されている。11月には、ナチュラルワインを題材にした海外のドキュメンタリー映画が2本同時に公開予定で、人気はさらに広がる兆しを見せている。

ナチュラルワイン人気でひときわ注目されている産地の一つが、北イタリアのフリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州だ。同州のナチュラルワインは、やはりここ数年、愛好家が増えている「オレンジワイン」と呼ばれるものが主流。色がオレンジだからそう呼ばれているオレンジワインは人気上昇に伴い、培養酵母や亜硫酸を使用して造ったものも増えているが、本来はナチュラルワインの手法で造られている。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド