名称変更も考えた 東京モーターショー大変革の舞台裏

10月24日から始まった東京モーターショー2019。これまでのモーターショーにはなかったバラエティー豊かな企画が話題を呼んでいる
10月24日から始まった東京モーターショー2019。これまでのモーターショーにはなかったバラエティー豊かな企画が話題を呼んでいる

10月24日から開催されている東京モーターショー2019。テレビCMにマツコ・デラックス、ドローンレースアンバサダーに日向坂46、バーチャルナビゲーターとしてバーチャルYouTuberのキズナアイを起用。キッザニア、ガンダム、グルメキングダムと、これまでにないコンテンツも取り入れた「バラエティー化」も話題になっている。目標入場者数は前回77万人を大きく超える100万人。その数字が意味する狙いについて、小沢コージ氏が特別委員会の長田准委員長に話を聞いた。

中国の若者は5分で会場を去った

小沢 正直、ビックリしました。通常の自動車コンテンツに加えて、テレビCMにマツコ・デラックス、ドローンレースアンバサダーが日向坂46で、キッザニアやガンダムまで。今回は逆ギレ気味なまでの気合と意地を感じましたが。

長田 なるほど(笑)。

小沢 率直にお伺いしますが、長田さん自身はいつ頃からモーターショーに危機感を感じてたんですか。08年のリーマン・ショック以降、海外勢は既にガタ減りしてましたが。

長田 極めて個人的な話ですが、僕は以前中国に赴任していました。その時に一度、中国の事業体の若い人を東京モーターショーに連れてきたことがあるんです。そしたら会場に連れてきた瞬間におもしろくないって帰っちゃった。5分で買い物に行きましたよ。

小沢 そりゃショックですね。

長田 極めて屈辱的なものもあり、まずはそこからですね。

小沢 中国の人は新車に興味がないとか?

長田 メチャクチャありますよ。基本的に中国人は日本人に比べてクルマに対する熱量が圧倒的に高い。ただし、中国でやっているショーに比べて、東京はワールドプレミア(世界初出し)が少ない、最新技術もどこもないから見るべきものがない。

輸入車ブランドの少なさは想定外

小沢 日本自動車工業会(自工会)会長の豊田章男トヨタ自動車社長もおっしゃっていましたが、今回は海外からの出展も少ない。輸入車が5ブランドですから。

MONO TRENDY連載記事一覧