脱・単調カジュアル きれい色インナーやチーフで洗練色を楽しむ秋冬の装い 鴨志田康人さんに学ぶ(下)

2019/10/31
「日本人はカジュアルでも濃色を着ることが多い。きれいな中間色も取り入れてみましょう」と話す鴨志田康人さん(東京都渋谷区のポール・スチュアート青山店)
「日本人はカジュアルでも濃色を着ることが多い。きれいな中間色も取り入れてみましょう」と話す鴨志田康人さん(東京都渋谷区のポール・スチュアート青山店)

「ビジネスマンはもっと、中間色やきれいな色、明るいトーンにトライしてほしい」――。ファッションディレクター、鴨志田康人さん(オフィスカモシタ代表)に色選びのコツを教えてもらう連載の前回はビジネスシーンの茶系コーディネートを取り上げた。今回は中間色を使った、大人のカジュアルに挑戦する。ネイビージャケットはインナーを工夫していつもの着こなしから脱皮。おしゃれの仕上げにはチーフの色使いもポイントになる。最近店頭でも見かけることが多い、コーデュロイのセットアップにも注目した。




カジュアルなスタイルにも仕上げにチーフを

多くの日本人はオフでも黒、紺、グレーに偏りがちだ。「オフでもトーンを明るくすることにトライしてほしいです」と鴨志田さん。ディレクターを務めるポール・スチュアートでカジュアルでもきちんとみえるジャケット&パンツの色合わせを提案してもらう。選び出したジャケットは、グレーのグレンチェック、ベージュのウインドーペン(大きめの格子柄)、ハンドトゥース(千鳥格子)、ネイビーブレザー、コーデュロイのセットアップだ。

グレンチェックのジャケットにはカーキのハイネックニットを合わせた(左)。ハンドトゥースのジャケットは白のボタンダウンでクリーンに着こなす

グレンチェックのジャケットに合わせたのは、カーキのハイネックニットだ。ボトムはジャケットの生地にも入っている茶系を拾い、それに近いウールのパンツにした。インナーはブルーグレーのニットも相性がいい。

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019