モノが多くても見た目すっきり インテリアのヒント6

日経ウーマン

スッキリ片づいた部屋をつくるにはコツがある(写真はイメージ=PIXTA)
スッキリ片づいた部屋をつくるにはコツがある(写真はイメージ=PIXTA)
日経ウーマン

モノが多くてもスッキリ片づいた部屋を目指したいもの。どうしたら片付くのか、どうしたら広く見えるのか、どうしたら季節感を演出できるのか――。インテリアコーディネーターに、部屋づくりのヒントを聞きました。

モノが多くても見せ方を工夫すればスッキリ!

「狭い家でも、家具や小物など、インテリアの置き方や選び方次第で、スッキリ広く見せることは可能です」とは、インテリアコーディネーターの長谷由美子さん。「特にモノが多い人は壁面収納を活用するのがおすすめ。棚は奥行きの小さいものを選び、部屋の奥に向かって家具の高さを低くすると、空間が広く使え、圧迫感も抑えられます」。

また、カゴやファイルケースなどの収納用品は「同じ種類のものを2つ以上規則的に並べるとそろって見えるので、スッキリ感が増す」そう。「清涼感のある部屋にするなら、ファブリックは白やベージュに、小物はガラス系のモノを選び、グリーンが多めになるよう意識して観葉植物や花を飾るといいでしょう」。

無印良品の家具を多く愛用する、息子と2人暮らしの長谷さんの自宅を例に、インテリアのコツをご紹介!

【ヒント1】壁面収納は「部屋の奥に向かって低く」が基本

奥行き30cmくらいの棚がベスト

部屋の奥(写真では右)に向かって低くなるように家具を置くのがポイント

収納スペースが少ないなら、壁面を上手に使って食器や書類、雑貨類などを収納するといい。奥行きは30cm程度あれば、A4サイズの雑誌や書類が収納可能。「カゴや引き出しを使い、中身を隠すとスッキリ。収納グッズは同じモノを2つ並べるのが、キレイに見せるコツ」。

1.無印良品の「スタッキングシェルフ」の5段と3段を組み合わせた壁面収納。2.「ステンレスワイヤバスケット」にはマグカップなどの食器類を。3.「重なるラタン長方形バスケット」も、横に2つ並べると見た目もスッキリまとまる。4.スタッキングシェルフと相性の良い、「スタッキングチェスト」を。5.書類は、「ポリプロピレンケース引き出し式・横ワイド」に。6.ファイルボックスも無印良品。ホワイトグレーで統一。