行楽の秋に寄り道したい SA&PAのお土産スイーツ連載 高速道路グルメ「秋のスイーツ」編

高速道路のSAやPAで買える、地元食材を使ったスイーツを紹介する
高速道路のSAやPAで買える、地元食材を使ったスイーツを紹介する

涼しさが心地よい秋の行楽シーズン。クルマでの長距離移動に欠かせない高速道路のサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)では、地元産の食材を使った秋のスイーツも充実している。そこで今回は、東京近郊の高速道路で手に入る注目のお土産スイーツをピックアップした。まずは持ち帰りに便利な、東京へ向かう「上り」のSA・PAから紹介しよう。※記事中の価格はいずれも2019年10月現在の税込価格

友部SA「さつまろん」

友部SA「さつまろん」(8個入り1404円。価格は税込、以下同)。販売時間24時間

茨城県笠間市にある常磐自動車道・友部SA(上り)のショッピングコーナー「おみやげの蔵」では、茨城県産のさつまいもと栗を使った焼き菓子「さつまろん」を購入できる。

北関東自動車道と接続する友部ジャンクションのすぐ南側にある友部SAは、宮城県や岩手県の沿岸部から東京方面に向かうドライバーだけでなく、東北自動車道の混雑を避けるために北関東自動車道経由で立ち寄る内陸部からのドライバーも少なくないという。

東北自動車道を南下してきたドライバーも立ち寄るという友部SA(上り)。ショッピングコーナーも充実している

友部SAはNEXCO東日本が開催する新メニューコンテストで2018年・2019年と連続してグランプリを獲得するなど、食にも力を入れている。お土産も、地元茨城県の名産である水戸納豆や大洗町の干物、近県の定番商品などが並ぶが、特に力を入れているのがスイーツの独自商品だ。今回購入したさつまろんはその代表で、NEXCO東日本が2015年に実施したお土産の人気投票で1位を獲得している。

さつまろんは店頭でも人気の高さがアピールされていた。専用の紙袋も用意されているのがうれしい

さつまいもと栗のペーストを練り込んだ生地がしっとりと焼き上げられており、栗の歯ごたえがアクセントになっている。実際に食べてみるとしつこくない甘さで、さつまいもと栗両方の風味を楽しめる。ひとくちサイズながら意外にもずっしりとしており、1個食べただけでも満足できた。

個包装されているさつまろんは1個から販売しており、帰りの車内で食べたいときでも気軽に購入できるのがうれしい。もちろん、お土産に最適な4個入りや8個入りのパッケージも用意されている。

しっとりした生地に栗がのっていて、秋の味覚のハーモニーを楽しめる。個包装されているのもうれしい

笠間PA「茨城マロンカマンベールチーズケーキ」

笠間PA「茨城マロンカマンベールチーズケーキ」(1080円)。販売時間7:00~20:00

茨城県笠間市にある北関東自動車道・笠間PAは東西のどちらからでも立ち寄れる「集約型」のPA。ここにある販売店「カサマート」では、茨城県産の栗ペーストを使った、笠間PAオリジナルのチーズケーキを販売している。濃厚なカマンベールチーズを使用しながらも後味はあっさり。口当たりのしっとり感も特徴だ。

MONO TRENDY連載記事一覧