えっ、宝塚歌劇が池袋に? 夢かなえた豊島区の奮闘

日経ARIA

宝塚大劇場(兵庫県宝塚市)の正門すぐにあるレビューの大看板の前で。豊島区高野区長(左)と宝塚歌劇団小川理事長
宝塚大劇場(兵庫県宝塚市)の正門すぐにあるレビューの大看板の前で。豊島区高野区長(左)と宝塚歌劇団小川理事長
日経ARIA

2019年12月、池袋に宝塚歌劇がやって来ます。11月に「国際アート・カルチャー都市」の拠点として池袋東口にオープンする「東京建物Brillia HALL」のこけら落とし公演の1つが、宝塚歌劇団星組による『ロックオペラ モーツァルト』となりました。豊島区はなぜ宝塚歌劇を招きたかったのか? 宝塚歌劇団がそれに応じた理由とは? 宝塚歌劇団理事長の小川友次さん、東京都豊島区長の高野之夫さんに聞きました。

ファン期待の星組大型コンビが池袋でお披露目

―― 東京2020オリンピックを控え、再開発が活発化する東京。池袋は大中小8つのホールが集まる「Hareza池袋」(2020年グランドオープン)が話題です。そのメインホール東京建物Brillia HALLのこけら落とし公演が宝塚歌劇(以下、タカラヅカ)ということで、40~50代の女性ファンが熱くなっています。

小川友次・宝塚歌劇団理事長(以下、敬称略) 池袋の変化を象徴するHareza池袋のメインホールということで、星組の新トップコンビ、礼真琴(れいまこと)と舞空瞳(まいそらひとみ)のお披露目公演『ロックオペラ モーツァルト』を持っていきます。二人とも若手ながら「超」の付く実力派です。

高野之夫・東京都豊島区長(以下、敬称略) すでに有名なミュージカルですが、タカラヅカでは初演と伺い、本当に力を入れてくださっているのだな、と感じ入っています。

小川 「モーツァルト」はフレンチポップのミュージカルで、そもそも非常に難しい演目なんです。演者たちには大きな力量が求められますが、礼と舞空のコンビは期待に十分応えてくれるはず。見応えのある舞台になると私は自信を持っています。

宝塚歌劇団星組新トップコンビが演じる『ロックオペラ モーツァルト』。東京建物Brillia HALLのこけら落とし公演の1つ。2019年12月3日~15日上演 ※梅田芸術劇場メインホールでは2019年11月20日~27日上演 (C)宝塚歌劇団