菅野美穂 何事にも動じないヒロイン「見習いたい」恋する映画 『ジェミニマン』で声優に挑戦

ハリウッドのトップスターであるウィル・スミスが、伝説的スナイパーである主人公のヘンリーを演じている映画『ジェミニマン』が10月25日より公開となる。23歳になった自分自身のクローンと対決するというまさかのストーリー展開が話題で、ウィル・スミスが最新技術を駆使して一人二役に挑戦した。本作には欠かせないヘンリーの相棒で、アメリカ国防情報局で潜入捜査官として働く女性ダニー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)。その日本語版吹き替えを担当した女優の菅野美穂さんに、声優としての苦労や仕事とプライベートの両立の難しさなどについてじっくり語ってもらった。

出来上がっている映像に合わせて気持ちを逆算させた

――今回は、実写映画の吹き替えに初挑戦となりましたが、演じるうえで意識したことを教えてください。

菅野美穂さん(以下、菅野):実写の場合は、すでに演技をされている俳優さんがいて、作品の世界観も出来上がっているので、自分のアイデアを持っていくというよりは、より分かりやすく伝えるお手伝いができるようにがんばろうという心持ちで挑みました。声の出し方でいうと、ダニーの低めのトーンに合わせて、いつもより落ち着いた声を出すというのは意識したところです。出来上がっている映像に自分を近づけて、気持ちを逆算していくようにしました。

――そのなかでも苦労したのはどのあたりですか?

菅野:感情を入れすぎると合わなくなってしまうし、落ち着きすぎると緊迫感が伝わらないので、アクセルとブレーキの使い分けが難しかったですね。以前挑戦したアニメーションが一音一音きっちりと声を出す歌のような感じなら、実写のほうがよりしゃべっている感覚に近かったです。でも、声だけに限定して演技をするというのは、体を動かせないだけでなく、マインドも違うように思いましたし、発声練習って大事なんだなと改めて感じました。

――では、普段のお芝居とは違う緊張感もあったのですね。

菅野:そうですね。緊張のせいか直前で声の調子が少し悪くなりそうになったこともありました。もしかして、年齢とともに本番に弱くなっているのかもしれませんね(笑)。若いときは勢いでいけていた部分もありましたが、いまは「ちゃんとしなきゃ」と考えてしまう気持ちが強くなっているんだと思います。でも、この作品のおかげで、演技をするうえでの自分の癖にも向き合えた気がしています。

――それはどのあたりに感じましたか?

菅野:たとえば、ドラマだと今回のようにセリフを声に出すというよりは、説得力を持たせるために一度自分のなかに落とし込んで、表現として内側から伝えるというイメージ。そういう自分の姿勢みたいなものが自分の演技にはあったんだと気が付きました。

『ジェミニマン』(C) 2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.