大定番でオフもOK 10年着られる英国コート3選この冬注目のオンオフ兼用アウター

オンとオフ両方に使えるうえに、長く着られるトラディショナルな英国ブランドのコートを紹介する
オンとオフ両方に使えるうえに、長く着られるトラディショナルな英国ブランドのコートを紹介する

そろそろ本格的なアウターが欲しくなる季節。コストパフォーマンスも考慮するなら、オンオフ問わず着られるものが望ましい。そこで、今年注目のオンオフ兼用アウターを、タイプ別に3回にわたって紹介する。

今回取り上げるのは、2019年の注目スタイルであるブリティッシュ・トラッド(ブリトラ)のコートだ。現代的なアレンジは加えられているが、英国の定番ブランドらしく、基本は長い伝統を持つ正統派デザイン。流行に左右されることなく向こう10年は着られるモデルばかりなので、長い目で見ればコストパフォーマンスは非常に高いといえる。

防水・保温性に優れたワックスドコットン使用/バブアー

バブアー「メンズ アイコン ヘイドン ワックス」(7万4000円、価格はメーカー希望価格、税別。以下同)

「ここ数年のファッショントレンドであるクラシック回帰のひとつに、ブリトラがある」と話すのは、八木通商のPRマネージャー大畑広志氏。「英国由来のチェック柄や素材を用いたウエアの人気は、秋冬に顕著。ただし、英国の生地や仕立てというよりは雰囲気的なところを指していて、19年のアウターはややゆったりとした『抜け感』のあるものに注目が集まっている」という。そんな抜け感とクラシカルな雰囲気をあわせ持つ、英国の定番ブランドのひとつがバブアーだ。

今回紹介するアウターは、ブランド125周年を記念したアニバーサリーモデルで、創業間もない1910年に登場した初期モデル「ヘイドン ジャケット」を現代的にアレンジしたもの。ベルト仕様のチンストラップをはじめ、フラップポケットの上に施したファスナーや、ドレスゴードンと呼ばれるチェック柄のライニングなどが付け加えられている。

表生地は防水・保温性の高いワックスドコットン。裏地には2000年ごろまで使われていたドレスゴードンチェック柄を採用

生地は、バブアー伝統のワックスドコットン。コットンにワックスを染み込ませることで、防水性と保温性を高めた同ブランドの代名詞的ファブリックだ。このアウターは8オンスと地厚な生地を使っているため重厚感があり、トラディショナルな雰囲気を一層高めている。

9月下旬の発売以降、30~40代の男性に支持され、店頭では売れ行き好調だという。

人気キルティングジャケットのロング丈/ラベンハム

ラベンハム「ウィッカム」(6万1000円)

ブリティッシュメイドのプレス椿望美氏もここ数年、秋冬シーズンのブリトラへの関心の高さを実感しているという。その理由について「最近、消費行動も多様化して、上質なものを長く愛用するという価値観も広がっています。そこで長く使うことを前提にしたものづくりがされてきた英国モノに引かれる方が増えているのでしょう」。

MONO TRENDY連載記事一覧