powered by 大人のレストランガイド

日本酒やお茶とも合う コクを楽しむ国産チーズ10選

食後のだんらんに、チーズをつまんではいかが。ワインだけでなく、日本酒やほうじ茶も合う。海外で評価が高まっている国産ハード&セミハードチーズを、専門家が選んだ。

■1位 森のチーズ(長熟) チーズ工房那須の森 840ポイント
濃厚で深いコク お酒との相性も良く

2008年からチーズを作る工房が手掛ける。食品添加物や発酵調整剤などは使わず、たんぱく質など乳成分が高く、チーズ生産に適するという薄茶の毛色の乳牛「ブラウンスイス」の生乳だけで作る。温度と湿度を調整し、塩水で拭いたり、から拭きしたりして7~8カ月熟成させた。濃厚で深いコクがあり、風味が香ばしい。

「焼きたてのクッキーのような香り。丁寧に熟成させたことを思わせる」(中谷瞳さん)。「ミルクの甘みと熟成のうまみが抜群に心地よい」(村瀬美幸さん)。ワインやビールなど酒との相性のよさを挙げる人が多かった。

(1)取り寄せの量と価格 1パック(約100グラム)880円のほか、量り売りも(2)工房の所在地 栃木県那須塩原市(3)注文方法 FAX0287・73・5419

■2位 鶴居シルバーラベル 鶴居村振興公社 酪楽館 530ポイント
ミルクと塩味が調和 トーストでも

タンチョウが舞う自然豊かな北海道鶴居村の農畜産物づくりの体験施設が、2007年にチーズの製造・販売を始めた。納豆菌に似た、リネンス菌を用いて熟成させており、なじみのある味わい。パンにのせてトーストしたり、冷凍ピザにのせたり、加熱して食すのもおすすめだ。

「しみじみとしたコクが広がる。溶かしてジャガイモやサツマイモにかけてもおいしい」(今藤亜記子さん)。「濃厚なミルクのコクと、塩味のバランスがとてもよい。華やかなブルゴーニュの赤ワインと一緒に楽しみたい」(新田恭子さん)。

(1)1パック(約100グラム)600円(税別)(2)北海道鶴居村(3)通販サイト https://raku2tsurui.jp/

■3位 二世古 椛[momiji] ニセコチーズ工房 450ポイント
食卓彩る鮮やかな色

2005年、北海道のニセコで始めた工房。近隣の牧場から届く生乳を原料に、日本人の味覚に合ったチーズ作りを目指す。色素を加えた鮮やかなオレンジ色が特徴のミモレットタイプのチーズだ。熟成は12カ月以上に及ぶ。「秋らしい色味で、食卓に映えるのでパーティーにもおすすめ」(今藤さん)

「酸味や塩味はバランスがよく、長いうまみの余韻がある」(冨永純子さん)。ミモレットはからすみの味わいに例えられることも。合わせたい飲み物は「とっておきの日本酒」(村瀬さん)。

(1)1パック(約100グラム)950円(税別)(2)北海道ニセコ町(3)FAX0136・44・2188

■4位 ASOYAMA らくのうマザーズ阿蘇ミルク牧場 370ポイント
口の中で砕ける食感 お茶と合わせて

ジャージーやガンジー、ブラウンスイスなど、5種類の乳牛を飼育している牧場。その混合で作っており、「強いコクが感じられる。口の中で砕けるような食感もよい」(小泉詔一さん)。ワインやウイスキーなどのお酒だけでなく、お茶と相性が良いとみる専門家が相次いだ。「日本茶によく合う」(金子敏春さん)。

(1)100グラムから、1100円(税別)~(2)熊本県西原村(3)https://alpage.co.jp/

■5位 シマフクロウ チーズ工房チカプ 340ポイント
ナッツのような香ばしさ

東京から移住した夫婦による工房でチカプはアイヌ語で「鳥」の意味。酪農を営む姉夫婦の手掛ける生乳を用いる。「ナッツのような香ばしさ。少しずつゆっくり、しみじみ味わいたい」(今藤さん)。食感も特徴的で「ふかしたサツマイモや栗のよう。甘納豆と一緒に、食後にほうじ茶でほっこりしたい」(丹下慶子さん)。

(1)100グラムから、640円~(税別)(2)北海道根室市(3)FAX0153・27・1186、メール info@chikap.jp

メールマガジン登録
大人のレストランガイド