リノベ済みマンション、拭えぬ不安 自ら改修も選択肢不動産コンサルタント 田中歩

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

「リフォーム済み」「リノベーション済み」として販売される中古マンションがここ数年、増えてきました。新築マンションの高騰もあり、割安感のある中古に需要が流れているほか、他人の生活感が残った中古よりも新築のように生まれ変わったマンションのほうが受け入れやすい面もあるでしょう。中古を買ってからリフォーム会社を探し、自分好みに加工するのは面倒と感じる人も多いのかもしれません。しかし、筆者は「中古を買ってから、自分でリフォーム・リノベする」選択肢も検討する価値があると思います。

築30年以上でも給水管を交換せず

リノベ済みマンションは、売り主である不動産会社が中古マンションを購入後、内装工事をしたうえで販売するものです。工事前・工事後の写真などを残し、どの部分をどのように交換し、工事したのかを明確にしていれば問題はありません。しかし、それがはっきりしない場合、何が隠れているかわからない面があります。

例えば、築30年以上経過しているにもかかわらず、給排水管を一切交換していないこともあります。また、給排水管は交換済みとなっていても、共用部から専有部に引き込まれた古い配管を専有部内で50センチほど残し、そこに新しい配管を接続している場合、その古い配管部分や接続部分から漏水する可能性もあるのです。

また、結露がひどくカビが発生していた部屋でも、カビの除去をせず、そのまま壁紙を貼っていることもあります。

内装済み、1平方メートルあたり9万2861円高く

筆者は、過去1年に東京23区内で売買された中古マンションの取引データ9562件を国土交通省の不動産取引価格情報検索サイトから入手し、内装済みマンションとそうでないマンションでどの程度の価格差があるか調べてみました。

立地や規模などによって価格に違いが生じるので、駅からの距離、築年数、面積、所在区による品質の調整をしたうえで、内装済みとそうでない物件の価格差を調査したところ、内装済みマンションは未実施のそれに比べて1平方メートルあたり9万2861円高い結果が出ました。つまり、70平方メートルのマンションであれば約650万円の差が出ることになります。

一方、一般的な買い取り業者がリフォームなどにかける費用はこれよりも低く、算出された単価の半分から7割程度で実施していることがほとんどです。もちろん、買い取り業者はリフォーム工事を工務店などに多く発注しているため、一般のユーザーより割安になっている面はあります。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし