「日米の差」に揺らぐリケジョ心 米国の大学院で学ぶ米国大学院発(1)

大学院生のオフィスの様子
大学院生のオフィスの様子

こんにちは!米国南部のワシントンアンドリー大学での学びを「アメリカ南部奮闘記」として連載してきました香山葉子です。5月に卒業し、この秋にノースカロライナ州立大学の大学院に入学しました。活性炭を使った浄水技術を研究しています。ここからは、私が感じる日米の大学院生活の違いなどをつづっていきます。

日本と米国の大学院で最も違うのは、大学院で勉強する学生へのバックアップ体制の差ではないかと思います。実は私は将来的には日本に帰国したいと考えていましたが、日米の格差を見るにつけ、卒業後に日本で就職することに前向きになれなくなっています。

研究環境の格差が原因で、優秀な日本の人材が海外へ流出してしまっていることを、私は米国で肌で感じています。

実際、日本人でも学部の段階から海外に進学する人が最近増えてきているようです。NIKKEI STYLEにも「授業料は東大の10倍 それでも米MITを選ぶ理由」という記事が出ていました。MITやハーバード、プリンストンなどの米国の名門大学の学部に進学した場合、絶対に日本に帰国しないとはもちろん言い切れませんが、特に理系で大学院に進みたい人は、日本に戻るという選択肢は取りにくいのではないでしょうか。

週末のパーティーのワンシーン 右から2番目が筆者

私自身、米国で学部を卒業した後に日本に帰国して大学院に進みたいとも考えました。しかし、米国の大学院と日本の大学院を比較した結果、米国の研究環境のほうが私には合っていました。何がどう違うのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ