ツイッター、松本人志の存在感増す 橋本環奈も台頭タレント「SNSパワー」ランキング 2019

日経エンタテインメント!

ツイッターは今なお、インスタグラムやフェイスブックを上回るユーザー数を誇っている。日本国内の月間アクティブ利用者数は4500万人以上いる(2018年10月現在)。19年6月末時点でのタレント・著名人のフォロワー数をランキングにしたのが表だ。1位は712万6449人のフォロワーを抱える有吉弘行。669万6869人がフォローする松本人志がこれを追う。女性で最もフォロワー数が多いのは、全体3位のきゃりーぱみゅぱみゅで、524万8664人だった。

調査期間:2019年1月1日~6月30日。調査期間内に投稿がなかった人物は対象外とした

ランキング入りした30人は、男性17人に対して女性13人。トップ30のうち、女性が23人を占めるインスタグラムのような男女差はない。10位の堀江貴文や23位の糸井重里、28位の橋下徹といった、発言力のある著名人がランクインするのが、ツイッターらしい特徴と言えるだろう。

日経エンタテインメント!では、18年3月末にも同様の調査を行ったが、実はその直後にあたる18年5月から、ツイッター社はスパムやフェイクアカウント、ボットなどの排除を行っている。会話を阻害する悪意のある行為を減らし、健全性を高めるための作業だった。これにより、一時的に多くのタレントがフォロワー数を大きく減らしている。だが、有吉は18年3月時点の約710万を超えるまでに数字を回復。松本人志に至っては、18年3月時点から、なんと100万近いフォロワーを新規獲得している。

19位の指原莉乃も、18年3月末の調査から、新たに約42.5万のフォロワーを増やした。指原は、その発言がニュースをにぎわせた人物だ。特に18年12月、NGT48の暴行事件に始まった一連の騒動では、ツイッターでも率直な発言を展開した。19年3月の運営側の記者会見中には、リアルタイムでツイートを連投。そのツイートの内容について記者が質問をするなど、存在感を印象づけた。

調査期間:2019年1月1日~6月30日。調査期間内に投稿がなかった人物は対象外とした

今回は、7位のZOZO元社長の前澤友作、27位の米津玄師、28位の橋下徹、29位の橋本環奈の4人が新たにトップ30入りを果たした。以前から「フォロワー数を増やして影響力を持ちたい」と公言していた前澤は、19年1月5日に「お年玉プレゼント企画」をツイッターに投稿。100万円を100人にプレゼントするという内容で、条件は前澤のアカウントのフォローと該当ツイートのリツイートのみ。数多のユーザーがこれに殺到した。前澤の18年10月時点のフォロワー数は50万未満だったが、ピーク時には約610万にまで増えた。

指原や前澤のケースのように、19年の上半期、ツイッターは発信の場としての影響力の大きさを、改めて世に知らしめたと言えるだろう。