powered by 大人のレストランガイド

Xマスケーキ、高級ホテルのお薦めは? 和素材に注目

ホテル雅叙園東京「PATISSERIE『栞杏(りあん) 1928』」の「ブッシュ・ド・ノエル・ジャポネ」(4300円・税別)
ホテル雅叙園東京「PATISSERIE『栞杏(りあん) 1928』」の「ブッシュ・ド・ノエル・ジャポネ」(4300円・税別)

クリスマスケーキの予約販売が始まっている。クリスマスの時期といえば、パーティーに忘年会にと、食べ歩く機会が増える時期。クリスマスケーキはこの時期のハイライトとなるスイーツだが、欧米流の濃厚なケーキは、「食べたいけど、ちょっと重い」という人も多いのではないだろうか。そこで、注目したいのが、近年目に付くようになった和素材を使ったクリスマスケーキ。優しい味わいで、甘いものが得意でない人でも楽しみやすい。そこで、特別感のある4つの高級ホテルから、今年オススメのクリスマスケーキを紹介する。

ホテル雅叙園東京 PATISSERIE「栞杏 1928」

「ブッシュ・ド・ノエル・ジャポネ」

同ホテルのパティスリー「PATISSERIE『栞杏(りあん) 1928』」の人気ケーキのクリスマスバージョン。箱のようにかっちりとしたフォルムだが、実はふんわりとした抹茶とホワイトチョコレートのムースに包まれたケーキ。ムースの下には抹茶の「オペラ」が隠れている。「オペラ」とは、コーヒー風味のバタークリームなどを使い、薄い層を幾つも重ねてチョコレートでコーティングしたフランスの定番ケーキ。

このケーキでは、大納言アズキとゴマのペーストを混ぜた層、ゴマのバタークリーム、抹茶生地などの層を重ね、「複雑な一体感を出すように考えた」(ペストリー料理長・生野剛哉さん)と言う。

「KUMIKO・柚子」

ホテル雅叙園東京「PATISSERIE『栞杏』 1928」の「KUMIKO・柚子」(4700円・税別)

美しい組子細工を模したチョコレートで覆われたケーキ。チョコレートムース、ユズのクリーム、オレンジのダクワーズ(外がパリッと、中がふんわりとした生地)、ザッハマッセ(ザッハトルテに使われるチョコレート生地)などの層を重ねている。チョコレートムースにはミルクチョコが使われているが、これは「ユズの香りと相性がいい」(生野さん)ため。

一方、オーブンで焼くダクワーズ生地にはユズを入れても香りがでないので、複数のかんきつ類で試作。その上で、一番香りが残るオレンジを用いたのだという。ケーキの中央には、チョコレートの土台にクルミの芯をあしらった「ロウソク」があり、これに火を灯(とも)すと、組子細工のあんどんのように明かりが漏れるという仕掛けも。

「玉手箱」

ホテル雅叙園東京「PATISSERIE『栞杏』 1928」の「玉手箱」(3万円・税別)

ホワイトチョコレートで作った玉手箱に様々なケーキが詰め込まれた豪華なセット。限定10台の特別感あふれる一品だ。上段には、「PATISSERIE『栞杏 1928』」で人気のケーキ3種と、手まり型チョコ、キイチゴのボンボンショコラ、チョコレートブラウニーなどが収められている。下段に入るのは、パティシエたちが指名買いするという三浦半島・嘉山農園のイチゴを使用した格子模様のショートケーキだ。

上段のケーキの1つは「ブッシュ・ド・ノエル・ジャポネ」のベースとなった抹茶とゴマのケーキ「栞杏」。また、生野さんが現職に就く前から25年間作り続けてきた、自身のシグネチャーケーキ「シシリアン」も入る。ピスタチオやアーモンドのババロアなど7層からなるケーキだ。

*予約期間:2019年12月16日まで、引き渡し期間:2019年12月21~25日

メールマガジン登録
大人のレストランガイド