メモ・ドアホン・勉強… びっくり進化のスマホグッズ

日経トレンディ

再配達の手配が面倒、リモコンを捜すのが手間、子供が勉強しない――。スマホとは無関係に思える日々のささいな悩みも、実はグッズが解決する。

最近はLINEから再配達を頼める便利な宅配業者もあるが、「留守でもピンポン」(ダイトク)を使えばそれすら不要。カメラやマイクが付いた本体を玄関ドア付近に設置しておけば、外出先からスマホで宅配業者と会話でき、その場で再配達などを依頼できる。子供の帰宅確認にも役立つ。

●スマホとドアホンが連係、不在時も来訪者に対応できる

「留守でもピンポン」(ダイトク) 実勢価格8618円(8%税込み)玄関のドアのそばに取り付けて使う
自宅の来訪者にスマホで対応できる。在宅時も、家のどこからでも対応できるのもメリット

Wi-Fiで接続し、留守中でもスマホで応答できるドアホン。両面テープやねじで玄関のドアのそばに設置する。本体のボタンが押されるとスマホに通知が届き、来訪者とやり取りできる仕組み。宅配の再配達をその場で頼めるのに加え、子供の帰宅確認にも使える。カメラ1台をスマホ5台で共有できるのも便利。

●スマホ一つで部屋中の家電を「ズボラ操作」

「スマートリモコン エッグ」(キングジム) 実勢価格6880円(税別)
専用アプリで登録・操作する
リモコン画面はグラフィカルに表示されるので、直感的に操作できる

登録した複数の家電をスマホで操作できるスマートリモコン「エッグ」(キングジム)も便利だ。約2万9000のリモコン情報に対応(2019年5月時点)し、登録は専用アプリで家電のメーカーや型番を検索するだけ。テレビやエアコンなど複数のリモコンを、簡単にスマホで使い分けられる。しかも、帰宅時に照明やテレビが付くようにする設定も可能。本来のリモコンを使う以上に使い勝手が高まる。

●子供のやる気を引き出す、勉強嫌いもこれで解消?

「しゅくだいやる気ペン」(コクヨ) 実勢価格4980円(税別)
アイテムをゲットして「庭」を完成させ、ステージを進める遊びなどがある
机に向かっている間、どれだけ鉛筆を動かしていたかを示す「集中度」も可視化

子供の勉強嫌いには、「しゅくだいやる気ペン」(コクヨ)が出色。鉛筆に付けて使う、子供に勉強を促すガジェットだ。鉛筆を動かした時間分「やる気パワー」がたまり、そのぶん専用アプリで遊べる仕組み。親のスマホで遊ばせることで、親子のコミュニケーションにもつながる。ステージを進めたり、木を成長させたりできる。勉強した記録が残るのに加え、子供がどれだけペンを持って机に向かい、勉強に集中していたかを親が確認できる機能もあり、子供の学習管理にも役立つ。対応OSはiOSのみ。

●スマホで操作できる時計、スケジュールも音声で確認

「リンクタイム LT10」(キングジム) 実勢価格1万330円(税別)
専用アプリで操作
カレンダーでの予定の確認が可能。Googleカレンダーとも連係する

スマホと連係する置き時計。天気予報やGoogleカレンダー上の予定を読み上げるため、毎朝の支度の効率化につながる。録音した声がアラームになる機能も備える。アラームの時間変更が外出先でできるのも特徴だ。

●ルーターにバッテリー、1台3役のワイヤレスカードリーダー

「RAVPower FileHub RP-WD009」(サンバレージャパン) 実勢価格6999円(8%税込み)

Wi-Fiルーターやモバイルバッテリーとしても使える、多機能のワイヤレスカードリーダー。最大5台の同時接続が可能で、複数のスマホやパソコンでファイルを共有できるのが特徴だ。ボタン1つでバックアップできるのも便利。本体は手のひらサイズでコンパクト。重さは約200g。スペースを取らず、持ち運びにも向く。SDカードなどを挿入し、データの移行や共有なども手軽で、出張や出先での仕事に重宝しそうだ。

●スマホの容量不足解消に役立つスティック型リーダー

「USB Type-Cメモリ リーダライタ MR3C-D011(スティックタイプ)」(エレコム) 実勢価格1320円(税別)
スマホの容量拡大はもちろん、機種変更時やPCへのデータ移行にも便利だ

USB Type-C用のカードリーダー。SDカードやmicro SDカードに対応する。micro SDカードが差せないスマホが増えるなか、容量不足解消に役立つ。機種変更時のデータ移行にも便利だ。ポケットにも入る小型のスティックタイプで持ち運びしやすい。

(注)実勢価格はすべて雑誌掲載時のもの(取材は9月中旬時点)。増税後に金額が変わる場合もある。

[日経トレンディ2019年11月号の記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧