ファンモーターは、専用の「小型・軽量ハイパワーファンモーターTR」を開発。独自の3連固定翼「トリプルディフューザー」が空気の流れを効率よく制御し、小型・軽量ながら強力な吸引力を実現した。繊維強化プラスチックを採用した延長パイプと自走コンパクトヘッドも軽量化に貢献している。

ハンディー時の本体質量は0.95キロと1キロを切り、家具まわりの掃除も手軽にできる。立てて収納できるスティックスタンドが付属。運転時間は、強モードで約8分、標準モードで約30分(自走コンパクトヘッド非使用時は約45分)。充電時間は約3.5時間。

新開発の「小型・軽量ハイパワーファンモーターTR」搭載
ハンドル部に延伸パイプの着脱ボタンを装備しているため、ハンドルを握ったままサッと外してハンディー仕様に

着脱バッテリーで最長120分運転/シャープ

バッテリーが2個付属するシャープの「RACTIVE Air POWER(ラクティブ エア パワー) EC-SR3SX」。幅243×奥行き240×高さ1055ミリ、1.9キロ(スティック時)。実勢価格は7万3000円

他社に先駆けて、2016年12月にコードレススティック掃除機の軽量タイプ「RACTIVE Air(ラクティブ エア)」を発売したシャープ。以降改良を重ね、2019年7月には1台で家中をしっかり掃除できるパワーや使用時間を備えた「RACTIVE Air POWER(ラクティブ エア パワー)」を発売した。

7セル25.2ボルトの大容量・高電圧充電式リチウムバッテリーと大風量高圧3Dファンモーターを搭載。吸排気経路も最適化することで、特に汚れが気になる場所を5秒間掃除する「フルパワーモード」時に、従来機比約1.5倍の吸引力を発揮する。

バッテリーは着脱式で、1個あたり最長約60分間(弱モード・「スグトルブラシ」など付属の吸い込み口装着時)の運転が可能。標準で2個付属しているため、途中でバッテリーを差し替えれば、最長120分間連続で掃除ができる(同)。バッテリーの充電時間も1個あたり約80分と急速だ。

パワフルになったぶん、本体重量は従来機より0.4キロ重い1.9キロになったが、自走アシスト機能を改良したことでフローリング掃除時の筋負担量は約38%軽減しているという。バッテリー2個連続使用時の運転時間は、強モードで約24分、自動モードで約60分、弱モードで約90分(付属の吸い込み口使用時は約120分)。

写真左:着脱式バッテリーのため、本体とは別の場所での充電も可能 写真右:本体重量は重くなったが、自走アシスト機能により負担は大幅に軽減された
田中真紀子
白物家電・美容家電を中心に、暮らしにまつわるモノやコトを幅広く取材、執筆するフリーライター。リアルな主婦目線で、日々の家事が楽しく快適になる家電の取り入れ方を積極的に発信する。
MONO TRENDY連載記事一覧