メインで使える吸引力 2キロ以下スティック掃除機

メインで使える吸引力を持ちながら、本体重量2キロ以下を実現したコードレススティック掃除機を紹介する
メインで使える吸引力を持ちながら、本体重量2キロ以下を実現したコードレススティック掃除機を紹介する

コードをコンセントに挿す手間が不要で、掃除したいときにサッと手に取り掃除が始められるコードレススティック掃除機。2018年にはコード付きのキャニスター掃除機を販売台数で逆転し、スタンダードとしての地位を確立している。

とはいえ弱点もある。モーターなどの重い部品を手元に設置するため、重心が高くなるので、キャニスター掃除機に比べて疲れやすいことだ。高い性能を維持するためには重量が重くなるのは避けられなかった。しかし最近、モーターを小型化し新素材を開発することで軽量化を実現したモデルが続々登場している。

そこで今回は、メイン機として使える「吸引力」を備えつつ、本体重量2キロ以下を実現した3モデルを紹介する。

自然に動かせるから疲れにくい/パナソニック

スタイリッシュなデザインが魅力のパナソニック「パワーコードレス MC-SB30J」。幅220×奥行き182×高さ1106ミリ、約1.6キロ(スティック時)。実勢価格は5万円前後(実勢価格は11月上旬、家電量販店のネットショップで確認。税込み。以下同)

パナソニックから10月に登場したのは、パワフルな吸引力を誇るハイスペック機「パワーコードレス」シリーズの軽量モデル「パワーコードレス MC-SB30J」。モーターを小型化し、電池と直線的にレイアウトすることで、重量を1.6キロに抑えながら、吸い込み仕事率100ワットと高い吸引力を実現した。

グリップ部分も含めた形状は使いやすさにもつながっている。掃除機を前後に動かす際、人が歩くときの腕の振りに近い動きで操作できるため、自然な動きで掃除できるというのだ。グリップ部にも握ったときにフィットしやすい突起があり、用途に応じて握る位置も変えられる。

自立はしないが、グリップ裏にゴムがついているため、壁などに立てかけても倒れにくく、そのまま充電も可能。運転時間は、HIGHモードで約6分、ON(標準)モードで約20分(すき間ノズル使用時は約25分)。充電時間は約3.5時間。

腕の振りに近い動きで掃除ができ、グリップも握りやすい
グリップ裏の「壁ピタゴム」で壁に立てかけられる

最軽量クラスで人気/日立

日立の「ラクかるスティック PV-BFL1」。幅230×奥行き230×高さ1000ミリ、約1.4キロ(スティック時)。実勢価格は4万4000円前後

日立グローバルライフソリューションズのコードレススティック掃除機「ラクかるスティック PV-BFL1」は、同社史上最軽量の本体質量1.4キロ。強力な吸引力と小型・軽量の両立が評価され、2019年2月の発売から9月までで、計画の1.5倍の売り上げを達成し、同時期に発売された機種のシェア20%以上を獲得したという。