加糖飲料や果汁100% 飲み過ぎでがんリスク上昇?

日経Gooday

加糖飲料は高血圧や糖尿病のリスクと関係することは知られていた。写真はイメージ=(C) mackoflower-123RF
加糖飲料は高血圧や糖尿病のリスクと関係することは知られていた。写真はイメージ=(C) mackoflower-123RF
日経Gooday(グッデイ)

加糖飲料と100%ジュースの摂取量が、がんの発症リスクの上昇と関係することが、フランスで行われた大規模疫学研究で明らかになりました。

砂糖入り飲料は高血圧や糖尿病と関連、ではがんは?

砂糖や人工甘味料を含む飲料は、肥満や高血圧、糖尿病などのリスクを上昇させる可能性がこれまでの研究で示唆されています。しかし、こうした飲料の摂取と、がんの関係を調べた質の高い研究はほとんどありませんでした。

今回、フランスの研究者たちは、同国で進行中の「NutriNet-Sante研究」に2009~2017年に参加した、がんではない18歳以上の10万1257人(平均年齢42.2歳、男性21.3%)を追跡し、加糖飲料などの摂取量とその後のがん(あらゆるがん、乳がん、前立腺がん、大腸がん)発症の関係を検討しました。

同研究の参加者は、3300種類の飲料と食品の日常的な摂取についての調査を6カ月ごとに受けていました。研究者たちは、当初2年間の結果を利用して、加糖飲料(砂糖が入ったソフトドリンク、ホット飲料、乳飲料、果汁入り飲料、スポーツドリンクなど/砂糖含有量の中央値は10.7g/100mL)、100%フルーツジュース、および人工甘味料を含有する飲料の摂取量を推定。このうち「加糖飲料と100%ジュースを合わせた摂取量」に基づいて、対象者を4群に分けました。

加糖飲料と100%ジュースを合わせた摂取量が一番少ない群の1日当たりの摂取量は平均27.6mL(うち100%ジュースは16.2mL)、一番多い群では185.8mL(うち100%ジュースは107.5mL)でした。対象者全体の1日当たりの摂取量の平均は、女性が74.6mL、男性は90.3mLでした。

5.1年(中央値)の追跡期間中に、2193人が何らかのがんを発症し、うち693人が乳がん、291人が前立腺がん、166人が大腸がんと診断されていました。がん診断時の平均年齢は58.5歳でした。

1日の摂取量が多いほどがんのリスクは上昇

分析の結果、加糖飲料と100%ジュースを合わせた摂取量が多い人は、がんのリスクが高いことが分かりました。これらの飲料の1日当たりの摂取量が100mL増加するごとに、何らかのがんを発症するリスクは18%上昇していました(表1参照)。

(データ出典:Chazelas E, et al. BMJ. 2019 Jul 10;366:l2408.)

乳がんリスクとの関係も認められました。加糖飲料と100%ジュースを合わせた1日当たりの摂取量が100mL増加するごとに、乳がんのリスクは22%増加していました。ただし、統計学的に有意なリスクの上昇が認められたのは、閉経前の女性の乳がん発症のみでした。

飲料の種類別に見ると、100%ジュースも、加糖飲料も、がんのリスク上昇に関係していました。加糖飲料については乳がんリスクの上昇とも関係していました。

一方で、人工甘味料を含有する飲料の摂取とがん発症の間には有意な関係は認められませんでした。大腸がん、前立腺がんについては、どの飲料の摂取量との間にも有意な関係は見られませんでした。

著者らは、今回得られた結果が他の大規模な集団においても確認されれば、これらの飲料の摂取を減らすことでがんのリスクを下げられる可能性があると考えています。

論文は、2019年7月10日付のBMJ誌電子版に掲載されています[注1]

[注1]Chazelas E, et al. BMJ. 2019 Jul 10;366:l2408. doi: 10.1136/bmj.l2408.

大西淳子
医学ジャーナリスト。筑波大学(第二学群・生物学類・医生物学専攻)卒、同大学大学院博士課程(生物科学研究科・生物物理化学専攻)修了。理学博士。公益財団法人エイズ予防財団のリサーチ・レジデントを経てフリーライター、現在に至る。研究者や医療従事者向けの専門的な記事から、科学や健康に関する一般向けの読み物まで、幅広く執筆。

[日経Gooday2019年10月2日付記事を再構成]