夫と限界集落に移住 新しい「幸せの物差し」の作り方

日経ARIA

山梨の限界集落に移住して地方創生に挑む山本真さん(左)と渡辺亜紀さん
山梨の限界集落に移住して地方創生に挑む山本真さん(左)と渡辺亜紀さん
日経ARIA

「都会を卒業して、田舎でゆったり暮らしたい」――誰しも、一度はこう思ったことがあるのではないでしょうか。とはいえ、家族の説得、家や仕事探し、新たなご近所さんとのお付き合いなど、越えるべき数多のハードルを前に「移住は夢物語」とあきらめている人も多いはず。そこで、国内の自然あふれる地方に移り、新たな生活をスタートさせた「移住の先輩」に移住成功の極意を聞きます。

幸せになるための選択肢を、地方で耕す

―― JR中央線の石和温泉駅から、日に2本しかない路線バスに揺られて1時間の山梨県笛吹市芦川町。2013年、結婚を機にパートナーの山本真さんと、人口約400人の限界集落に移り住んだ渡辺亜紀さん。以来、土にまみれて野菜作りを楽しむ傍ら、江戸時代に建てられた古民家で農家民宿もオープンしました。「東京の真ん中で育った私が、地方で民宿まで開くまさかの展開。自分でもびっくりしてます」(亜紀さん)

大手通信会社のシンクタンクや通信系ベンチャーなどを経て、39歳で独立し、コンサルティング会社「アルマ」を設立。企業研修や組織開発コンサルティング、コーチング業などにまい進し、湾岸エリアのタワーマンションで独身生活を満喫していた亜紀さん。絵に描いたような都会派キャリア女性が「地方」に目を向けたきっかけは、先輩コンサルタントに誘われ、ある地方の地方創生事業に関わったことでした。

幸せの物差しは「東京でいい暮らし」の1本じゃない

亜紀さん 幼い頃、父の赴任先のスイスに数年住んだ以外、ずっと東京暮らし。地方に住む親戚もおらず、田舎というものがピンとこない。地方創生の仕事を通じて初めて、東京で働き、暮らす以外のライフスタイルがあることに気づきました。

当時、東京に住んでいた私が抱いていた思いは、「いい会社に勤め、お給料もいいはずなのに、不満を抱えていて幸せそうに見えない人が多いな」ということ。幸せの物差しが「東京でいい暮らしをすること」の1本きりだから、レールを外れまいと必死になる。一方で、地方は持っている魅力を発揮できず、人口流出が止まらない。私自身は、レールを外れて地方で暮らすほうが幸せになれると思いました。また、東京など都市部で暮らす人の多くが本質的には田舎暮らしに向いていて、一歩を踏み出すことさえできれば、持続可能でハッピーな地域と人が増えるんじゃないかと思いました。