オン・オフに万能 秋冬ニットを賢く着こなす3つの技宮田理江のおしゃれレッスン

オン・オフで活躍する秋冬ニット
オン・オフで活躍する秋冬ニット

肌触りがやさしく、保温性が確かなニットウエアは秋冬おしゃれの味方です。シャツやブラウスに比べて、くだけたイメージがありますが、実はオフィスでも重宝するアイテム。賢く着こなす秘訣は、全体の色トーン、ボトムスとのバランス、アウターの選び方にあります。働く大人女性からの支持率が高いブランド「Theory luxe(セオリーリュクス)」の今秋冬ルックから、オンとオフの両方でニットを着こなす、とっておきのスタイリングをピックアップしました。

トーン・オン・トーンで上品さとこなれ感の2本立て

アウターより濃い色をインナーに迎えて、上半身を引き締めて

色味の近い同系色でまとめた「トーン・オン・トーン」のコーディネートは、装いに落ち着きをもたらします。オフィスで浮かないスタイリングの基本技です。タートルネックのプルオーバーニットに、ノーカラー(襟なし)のコートをオン。色の濃淡が生きて、穏やかな着映えに。カジュアル風味のパンツを合わせても、クリーンな着映えに仕上がります。パイソン柄のトートバッグが程よいアクセントを添えました。

リュクスな光沢を宿した素材は秋冬ルックに貴重なつやめきを呼び込みます

ニットに上質感を漂わせるには、やはり素材が肝心です。自然なつややかさを帯びるカシミヤは高級毛糸の代名詞的素材。タートルネックのゆったりしたロール部分にリッチな曲線美をまとわせています。フード付きのアウターは視線を引き上げてくれるのに加え、小顔に見せる効果も発揮してくれそう。やわらかい風合いのパンツと巾着風のバケットバッグが、気負いをそぐ「抜け感」を漂わせています。