人付き合いでムダ多い夫 妻が決断した赤字家計打開策家計再生コンサルタント 横山光昭

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

「教育資金や老後資金をつくりたいが、家計のバランスがこれでよいか見てほしい」と相談に来たのは、専業主婦のHさん(42)。なかなか家計相談には乗り気にならなかった会社員の夫(50)を何とか説得し、一緒に来られました。

これまでは夫主体の家計管理で、妻は毎月8万円を日々の生活費として受け取り、やりくりしてきました。ですが、夫の使い方を見ていると、住宅ローンや車、保険、外食や趣味などにお金をかけており、先日も外壁の修理に150万円ほど支払っているような状況。Hさんには無計画にお金を使いすぎているように思えたそうです。将来、教育資金が必要な時と老後資金が必要な時期が重なるので、このようなやりくりで、それらが準備できるのかを妻が心配し、そろって家計相談に来たというわけです。

人間関係重視が家計に裏目

夫は亭主関白というか、昔気質というか、少々気難しいような印象を受けます。お金の管理について、こだわりもあるようです。Hさんとしては、今ならもっと安いものがあるから、そういうものを利用して、お金を残していきたいと考えているのに、夫は人とのつながりを重視して、「〇〇さんと契約したものだから」と変更に応じてもらえないことも不満に思っているようです。

具体的に何かというと、金利が年2.9%の住宅ローン。この数年、住宅ローン金利が安く、1%以下のものも利用できそうな印象を持っていました。そういう住宅ローンを探して借り換えをしたいと思っていたのに、夫に相談しても「お世話になった工務店から紹介された金融機関で組んだ住宅ローンだから」と聞く耳を持たない様子です。生命保険も同じです。どれだけ世話になった人なのかわかりませんが、「○○さんから入ったから」と変える気がなく、見直しもできていません。

あれもこれもダメで、食材は添加物の少ないものなどのこだわりを保つよう要求され、支出を削減できる部分がないということがHさんの不満の主だったところのようです。これらのこだわりが家計にどの程度影響しているのかを検討するためにも、家計状況をうかがっていきました。

毎月の収入は約35万4000円、対して支出は35万8000円。やや赤字になっているようです。妻の預かる家計は収支トントンといえる状況でしたので、夫の管理する支出からわずかに赤字が出ていました。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし