杉咲花 映画『楽園』で初めて経験した無の演技

映画『楽園』で湯川紡役を演じた杉咲花さん
映画『楽園』で湯川紡役を演じた杉咲花さん

衝撃作『楽園』は、映画『悪人』『怒り』の原作者、吉田修一さんの短編集『犯罪小説集』(KADOKAWA)から、『青田Y字路』と『万屋善次郎』を組み合わせて作られた映画。田舎のY字路で起こった未解決の少女失踪事件、そして12年後に同じY字路に続く集落で再び起こった少女失踪事件と新たな殺人事件を軸に、村人の人生模様や心理描写を時間の経過とともに描き出す。

Y字路で起きた事件の容疑者・中村豪士(たけし)役を綾野剛さん、Y字路で消息を絶った少女の親友で原作にはない湯川紡(つむぎ)役を杉咲花さん、村八分になり、孤立を深めていく田中善次郎役を佐藤浩市さんが演じる。すべての出来事の「観察者」となる重要な役を担う杉咲花さんに、どんな気持ちで湯川紡を演じたのか、この映画に参加したからこそ得られた経験などを聞いた。

――映画『楽園』の出演依頼がきたとき、どのように思われましたか。

吉田修一さんの作品を実写化したものはすべて見ていました。憧れがあったので、作品に関わることができて素直にうれしかったです。

『楽園』は、犯罪の背景となる人間の奥深くに沈む感情を描いた重い作品ですが、うまく演じられるかという緊張感はあったものの、演じることに全く抵抗はありませんでした。そうした重くて難しい役ほど、苦しいけれど、それ以上に終わった後の達成感ややりがいを得られることを過去の作品から感じていたので、チャレンジできる機会をいただいて光栄でした。

――Y字路で愛華ちゃんという少女が消息を絶つのですが、事件直前まで一緒だった親友・湯川紡は、原作にはない役です。どのように役づくりをされましたか。

原作のないオリジナル作品で演じることもあるので、そこに対する不安はありませんでした。今回、特別な役づくりはしませんでしたが、撮影場所となるY字路の写真を事前に頂いて、毎日見るようにしました。写真を見るだけで、不思議と紡というフィルターを通している感覚になるのです。

(C)2019「楽園」製作委員会

彼女にとってのトラウマの場所だと思いながら写真を何度も見ているうちに、「行きたくないな、ここには」という感情が湧いてきました。そして、愛華ちゃんに対する「ごめんなさい」という気持ちが自然と湧いてきて、それを自分の中で大切にすることを心がけました。

実際、撮影でY字路に立ってみると、写真で見るよりずっと重たい空気感というか、逃げ出したくなるような感覚がありました。その一方で、紡にとっての故郷であり、居心地の良さも感じたりして、「居たくないのに、居たい」みたいな、すごく不思議な感覚に陥りました。