休日着を格上げ プレミアム革靴ブランドのスニーカー

LEON

2019/10/18
LEON

いまや多くのブランドがこぞってリリースするスニーカー。お洒落を知る大人が選ぶべきは素材使い、デザイン、履き心地において最高レベルの一足。靴作りに長い歴史を誇る名門からチョイスするのが、やはり正解なのです。




いまだ冷めやらぬスニーカー・フィーバー。折りからのスポーツミックススタイルの隆盛も手伝って、今季もモードからストリート、それにアウトドアブランドまでが、こぞって多様なスニーカーをリリースしています。

となれば当然問われるのがそのチョイス。玉石混交のなかから大人にジャストな一足を探しださない限り、装いのランクアップなど到底望めない状況です。そこでひとつのヒントとなるのが本格ドレスシューズ作りをバックボーンとするシューズメゾンなる存在。彼等が作るスニーカーは、シンプルにして上質と世界的にも高評価を得ているのです。

気軽に公園やカフェを巡るワンマイルスタイルのシチュエーション。ありふれたスポーツスニーカーでは、装い全体がチープに見えてしまいがち。しかし仕立ての技術、素材選びの確かさ、それにトップクラスのデザインセンスを備えたシューズメゾンの新作なら、軽快な装いのテンションを崩さず、大人の品格を兼備した着こなしに仕上がること確実なのです。

◆ ジョンロブ

熟練の職人技が光るスリッポン

大人の休日スタイルに必要なのはプレーンな一足です。英国シューズの頂点ブランドが手掛ける新作は、シンプルを極めたスリッポンデザイン。同ブランドの傑作「Elm」から発想を得ており、流れるようなラインとタング下に隠したエラスティックがポイントです。完璧なフィットに加え豪華なレザー内装とのコンビネーションがもたらす、ナチュラルかつ至高の歩きやすさも見逃せません。

13万円/ジョンロブ(ジョンロブ ジャパン)

◆ ジェイエムウエストン

ミニマル美際だつドレスな一足

名作「ゴルフ」や「180シグニチャーローファー」で知られるフレンチトラッドの重鎮も、昨今は軽妙なドレススニーカーをリリースし人気を得ています。このダブルモンクモデルも同ブランドの定番からヒントを得ており、手慣れたアッパーデザインからも高い完成度がうかがえます。最高級のカーフを使用しており、しっとりした艶感も特徴的。軽快かつスポーティな履き心地とはウラハラの大人のエレガンスが楽しめる一足です。

7万5000円/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店)