5%ポイント還元を逃すな まず書店と居酒屋チェック消費税10%ライフ(2)

写真はイメージ=123RF
写真はイメージ=123RF

消費税10%時代をどう過ごすか――。今月のマネーハックのテーマは「消費税10%ライフ」ですが、「キャッシュレス決済のポイント還元」を考えないわけにはいきません。

10月から始まった、このポイント還元策を上手に利用すれば、当面のあいだは2%分の増税をやりくりできるからです。

キャッシュレス決済のポイント還元は期間限定

ポイント還元の対象店舗であることを示す目印

町中で、「C」と「レ」を組み合わせた赤いステッカーをよく見かけるようになりました。これは、キャッシュレス決済をした場合にポイント還元をしてくれるお店を示す目印です。

国がキャッシュレスの推進を図る目的と、需要平準化策をミックスして行っているものです。2019年10月から9カ月間限定で、つまり20年6月末まで実施されます。

大きな特徴は、クレジットカードや電子マネーなどのキャッシュレス決済に限ることと、中小事業者の店舗やフランチャイズ店に対象が限定されていることです。

また、ポイントはクレジットカードや電子マネーなどそれぞれのポイントシステムを通じて還元されます。国が別途ポイントを付与してくれるわけではありません。

決済事業者が行っているキャンペーンも活用

単独店舗など中小事業者のお店では5%が還元されます。大手コンビニエンスストアなどのフランチャイズ店などは2%還元となります。

しかし、使えるキャッシュレス決済はお店ごとに異なります。お店によって「クレジットカードのみ」「クレジットカードと電子マネーのみ」「クレジットカード、電子マネー、QRコード決済のすべて対応」というように利用できる決済手段が違うので注意が必要です。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし