エレガントさ保ちつつ快適に スニーカーソール革靴5選

LEON

2019/10/15
LEON

革靴ではちょっと堅すぎる。とは言えスニーカーでは大人の品格が損なわれる。そんな悩みを持つ人に贈りたいのが、エレガントなレザーアッパーとアクティブなスニーカーソールを合わせたハイブリッドシューズ。実力派ブランドからも続々新作がリリースされています。




夏の疲れがどっと押し寄せるこの時期。できる限り無理のないスタイルで身体の回復を促したいところです。なかでも疲労が溜まりやすい部位と言えば足回り。

ビジネスの装いにはドレスシューズがお約束ですが、疲労の溜まったこの季節、お堅い革靴では昼を待たずに息切れしてしまいます。そこで活用したい、スニーカーライクな快適機能を備えたハイブリッドな一足。

アッパーは英国の伝統靴にならった革製にして、スポーティなクッションソールを組み込んだ一足は、タイドアップスタイルの品格を崩すことなく、終日の営業などもラクチン至極にて廻れる傑作です。そんな誰もが渇望するハイブリッドシューズを、人気モデルを連発する実力派ブランドから集めました。

◆ コールハーン

高機能にして高感度な1足

伝統と革新性を大胆に組み込んだシューズとして世界的に注目を浴びる「ゼログランド」シリーズ。深い切れ込みを持つソールはランニングシューズにも似た優れた屈曲性とクッション性を備えています。しかもアッパーは、穴飾りも美しい英国的なフルブローグ。今季落ち着いたバーニッシュドレザーモデルも加わり、一層話題となっています。

4万5000円/コール ハーン(コール ハーン ジャパン)

◆ エコー

ユニークな素材と独自製法による極上の履き心地

3つのコンポーネントで構成されたエコー独自のソールユニットが理想的な衝撃吸収を実現します。アッパーとソール部分は糊や糸を使用しないECCO独自の「フルイドフォルム(TM)」で一体成型しているのが大きな特徴で、凹凸のある足裏と一体感のある履き心地を可能にしています。踵の中心部に従来の約二倍の衝撃吸収性を誇る「ショック・スルー」、そしてミッドソールには超軽量・反発性に優れた「フォーレーン(TM)」を採用。アッパーはトラッドな外羽根式ウイングチップゆえに、オン・オフのシーンを問わずに使用できます。

3万3000円/エコー(エコー・ジャパン)