2019/10/28

かつてコンサルが得意としてきたマーケティング戦略や生産管理などもさまざまなIT ツールや、SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)と呼ばれるサービスでカバーできるようになってきた。「結果としてコンサル企業が付加価値を出しにくくなり、中で働く個人も、期待していたような成長が見込めなくなっています」

コンサルも働き方改革で「ホワイト化」

「コンサルの『ホワイト化』で個人の成長スピードが鈍化している」と指摘する山本さん

コンサル志望者がよく口にする「コンサル=成長スピードが早い」という説が、実際はそうでもなくなっているという指摘は、他にも複数の人から聞いた。前出のクライス&カンパニーの山本さんもその一人。

山本さんによると、成長スピード鈍化の大きな要因はコンサル業界の「ホワイト化」にあるという。コンサル業界に限ったことではないが、働き方改革が進む中で、部下の残業時間が増えてしまうと上司の評価が下がるため、以前のように若手に仕事を振れなくなっているというのだ。

「コンサルといえば、かつては朝9時から翌朝5時まで働くのが当たり前と言われるほど激務でしたが、いまでは新人を午後5時、午後6時に帰す企業も増えています。ホワイトな働き方を期待して入社する人にはいいでしょうが、いろんなプロジェクトに参加して力をつけたいと考える若手にとっては物足りない状況が起きている。昔に比べて入社3年目までに経験するプロジェクト量が格段に落ち、いざ転職しようとした時に、『つぶしが利く』人材になっていないリスクもある。下手すると期待しているほどの転職先候補が見つからないケースもあります」

もちろん、こうした事例は全員が当てはまるわけではないし、キャリアに何を求めるかは人それぞれだ。いずれにせよ、これからコンサルを目指す学生は、イメージに振り回されず、業界全体がいまどうなっているのか、そこで働く人たちの生の声もしっかり聞いておく必要があるだろう。コンサル業界は「なんとなく」や「とりあえず」志望して生きていけるほど甘くない。

(石臥薫子)

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
大学の約束