退職者、健康保険はメリット比べて 国保か任意継続か退職マネー学(中)

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

筧家の秋の夜。ダイニングテーブルでは幸子と良男と恵がお茶を飲みながら、「定年後のお金」の話を続けています。定年を迎える昔の上司の送別会に出席して帰宅した恵は、上司が退職後に健康保険をどうしたらいいか迷っていたという話を持ち出しました。

筧(かけい)家の家族構成
筧幸子(48)良男の妻。ファイナンシャルプランナーの資格を持つ。
筧良男(52)機械メーカー勤務。家計や資産運用は基本的に妻任せ。
筧恵(25)娘。旅行会社に勤める社会人3年目。
筧満(15)息子。投資を勉強しながらジュニアNISAで運用中。

良男 退職すると会社の健康保険から脱退するんだろ? 国民健康保険は保険料が高いといわれているので心配だよ。

幸子 必ずしも国保に加入しなきゃいけないわけではないの。最近はいったん退職しても、雇用延長で同じ会社で働き続ける人が多いでしょ。その場合は、引き続き会社の健保に加入できるわ。

 どういうこと?

幸子 フルタイムの社員と同じような働き方をする雇用延長なら、会社の健保に継続加入できるのよ。いったん脱退して同じ日に再加入する形をとるの。雇用延長だと給与は下がることが多いから、保険料は新しい給与水準に基づいた額になるわ。会社と折半して負担するのは従来通りよ。

良男 雇用延長でもパートタイムのように、勤務は週3日とかの短時間勤務になる人はどうなるんだい?

幸子 健保に加入するには、週の労働時間とひと月の労働日数がフルタイムの4分の3以上であることが必要なの。2016年からは501人以上の従業員の会社であれば、労働時間が週20時間以上、月額賃金が8.8万円以上などの条件を満たせば健保に加入できるようになった。週3日勤務でもこの条件を満たせば、会社の健保に加入できるわ。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし