ポケモンが歓迎 カルチャーで訪日客招く大丸心斎橋店

日経クロストレンド

ラグジュアリーブランドが集積する心斎橋で約300年の歴史を誇る「大丸心斎橋店」。ヴォーリズ建築を代表する旧本館の外壁は最新技術で保存、再利用され、セットバックした高層部には古い外壁と調和するデザインが取り入れられた
日経クロストレンド

86年ぶりに建て替えられた大丸心斎橋店本館が、2019年9月20日開業した。計368店舗が集結した新本館のキーワードは「インバウンド」と「食」。21年春開業予定のパルコとの一体化を想定しながら、地域のランドマークとしての役割をより明確にしたハイブリッドな百貨店となっている。

海洋堂のフィギュアが並ぶタリーズも

「建て替えを検討するとき、地域貢献として地元行政と約束したのが、外壁を残すこととインバウンド対応することだった。当初、9階には新しいジャンルの化粧品を集積しようと考えたが、従来の百貨店にはなかったジャパンポップカルチャーや外国人旅行者向けのVIPサロンを配置した。将来的には新しい北館とつながり、インバウンドセンターになる」(大丸松坂屋百貨店の好本達也社長)

ジャパンポップカルチャーを集積した9階フロアの中でも圧倒的な集客を誇る「ポケモンセンターオーサカ DX & ポケモンカフェ」。ビリケンさんやパインアメ、マジックインキ、泉州タオルなど、大阪の企業とコラボした限定グッズが人気

新しい大丸心斎橋店本館の目玉の1つである9階は、インバウンドのハブ機能を持たせたフロアだ。免税カウンターや外国人の上顧客向けサロンのほか、日本のポップカルチャーをグローバルに発信する拠点と位置付ける。西日本初のカフェを併設した「ポケモンセンターオーサカ DX & ポケモンカフェ」や「ジャンプショップ」に加え、「タリーズコーヒー KAIYODO」には、海洋堂(大阪府門真市)が制作した仏像やアニメキャラクター、ウルトラマンなど外国人に人気のフィギュアがずらり並ぶ。12万円の阿修羅像から400円のガチャガチャまで、ここでしか手に入らない商品も販売。海洋堂の宮脇修一社長は「カフェとのコラボは初めて。海外を意識し、中国や台湾の催事で好評のアイテムをそろえたのでコーヒーを飲みながらフィギュアを楽しんでほしい」と話す。

9階の「タリーズコーヒー KAIYODO」はフィギュア制作メーカー、海洋堂との初のコラボ店舗。日本文化を海洋堂の視点で立体化したフィギュアがずらり。3Dプリンターによる制作過程も見られる

インバウンド狙いでいえば、8階の雑貨フロアにも、日本の伝統文化やものづくりの良さを伝える老舗専門店が出店している。創業300年の奈良の老舗、生活雑貨販売の「中川政七商店」(奈良市)は、茶道ブランド「茶論」との複合ショップをオープン。テーブルで茶道稽古を体験できるスペースも設けた。東京日本橋で227年の歴史がある打刃物専門店「日本橋木屋」は関西初出店。博多水引が目を引く洗練された店内には、包丁を中心に鉄瓶や料理道具など日本土産にもなりそうな日用雑貨が並ぶ。

大丸心斎橋店を中心とした一帯は、欧米のラグジュアリーブランドが集積するブランド街としても知られ、アジアからの観光客に人気が高い。そこで新本館では、2、3階の2フロアに計46ブランドを導入し、ラグジュアリーゾーンを強化。西日本最大級のVIPルームを備えた「カルティエ」や、西日本旗艦店としてウィメンズとメンズをそろえる「クリスチャン・ルブタン」など、路面店感覚の豪華な店舗空間で日本人富裕層にもアピールする。

MONO TRENDY連載記事一覧