【写真はこちら】最新貨物機777Fの内部に潜入連載 貞平麻衣子の「ヒコーキに恋して」

2019/10/28
ANA カーゴが導入した大型貨物機「777フレイター」。貨物機に関するさまざまな疑問を飛行機が大好きな女子アナ、貞平さんが聞いてきました
ANA カーゴが導入した大型貨物機「777フレイター」。貨物機に関するさまざまな疑問を飛行機が大好きな女子アナ、貞平さんが聞いてきました

2019年7月、ANAホールディングス傘下で航空貨物国内最大手のANAカーゴ(東京・港)が米ボーイングの大型貨物機「ボーイング777F型機」(777F)を日本の航空会社として初めて導入した。10月29日からは米シカゴへも就航する777Fはどんな貨物機で、普通の旅客機とは何が違うのか。ヒコーキ大好きの女子アナ、貞平麻衣子さんが話を聞いた。

お話をうかがったのはANAカーゴ グローバルネットワーク部の岩崎良子さん(左)です

【記事はこちら】100トンをのせて飛べ 最新貨物機777Fの何がすごい

◇  ◇  ◇

7月に2機導入された777F。実は昔から窓のない貨物機はかわいくてしかたないと思っていたんです
777Fの胴体は777-200と同じものですが、エンジンはより大型な777-300と同型のものを採用しています
これがメインデッキです。旅客機なら客席が並んでいるはずの空間には何もありません
貨物を積み込むメインデッキカーゴドアは機体の左後方にあります。パレットに載せられた貨物はここから機内へ運び込まれます
貨物機で運ぶ荷物は「スピーディーに運ぶことが求められるものが多い」と岩崎さん。ただその種類はさまざまだそうです
上の写真が777Fに設置されている座席。通称「荷主席」というそうです。荷主席の上には荷物を入れる戸棚「オーバーヘッドストレージ」もあります
荷主席の後ろには貨物スペースにつながる「カーゴルームアクセスドア」があります
777Fの愛称は「ブルージェイ」。名前とマークはアオカケスがモデルになっているそうです
貞平麻衣子
1981年3月16日生まれ、O型。元地方局アナウンサー。現在はホリプロに所属し、NHK-FM「クラシックカフェ」などを担当。趣味は、飛行機と愛犬とビールと旅。一人旅でアマゾン川のピラニアを釣ったり、愛犬を連れてパリに行ったりするなど、大の旅好きでもある。

【記事はこちら】100トンをのせて飛べ 最新貨物機777Fの何がすごい

(写真 吉村永)

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧