100トンをのせて飛べ 最新貨物機777Fの何がすごい連載 貞平麻衣子の「ヒコーキに恋して」

ANA カーゴが導入した大型貨物機「777フレイター」。貨物機に関するさまざまな疑問を飛行機が大好きな女子アナ、貞平さんが聞いた
ANA カーゴが導入した大型貨物機「777フレイター」。貨物機に関するさまざまな疑問を飛行機が大好きな女子アナ、貞平さんが聞いた

2019年7月、ANAホールディングス傘下で航空貨物国内最大手のANAカーゴ(東京・港)が米ボーイングの大型貨物機「ボーイング777F型機」(777F)を日本の航空会社として初めて導入した。10月29日からは米シカゴへも就航する777Fはどんな貨物機で、普通の旅客機とは何が違うのか。ヒコーキ大好きの女子アナ、貞平麻衣子さんが話を聞いた。

お話をうかがったのはANAカーゴ グローバルネットワーク部の岩崎良子さん(左)です

◇  ◇  ◇

飛行機には旅客機以外に「貨物機」という、荷物だけを運ぶ専用の飛行機があること、ご存じでしょうか。操縦席以外に窓がない飛行機、あれが実は貨物機なんです。航空貨物って何を運んでいるんだろう? 貨物機の内部はどうなっているんだろう? 知りたいことがいっぱいあります。そこで777Fを導入したANAカーゴのグローバルネットワーク部、岩崎良子さんに疑問をぶつけてきました。

貨物102トンを載せて飛ぶ

貞平 まずは今回、777Fを導入した経緯を教えてください。これまでANAカーゴの貨物機はボーイング767Fでしたよね。

岩崎 はい。767Fに加え、7月に777Fを2機導入しました。

7月に2機導入された777F。実は昔から窓のない貨物機はかわいくてしかたないと思っていたんです

貞平 導入した理由はやはりたくさんの荷物を運べるからですか。

岩崎 それも大きな理由です。767Fの搭載重量は52トンでしたが、777Fは102トンと2倍近い貨物をのせることができます。貨物室の高さも300センチと、244センチだった767Fより高くなっています。

貞平 私たちが普段乗っている旅客機も、乗客以外に貨物の輸送もしていますよね。旅客機と貨物専用機では運べる量はどのくらい違うんですか。

岩崎 旅客機の下の部分をどのくらい貨物スペースに使うかは路線や機種によっても異なりますが、767でだいたい12トンくらいですね。

貞平 102トンと12トンですか。やっぱりずいぶん違うんですね。では、お客さんが満員で乗っている777と、貨物を満載した777Fを比べると、どちらが重いんでしょうか。

岩崎 貨物を積んだ777Fのほうが重いです。ですから777Fは、胴体は「ダッシュ200(777-200)」という機材と同型ですが、エンジンは100トンの重さに耐えられる「ダッシュ300(777-300)」のエンジンを採用しています。

777Fの胴体は777-200と同じものですが、エンジンはより大型な777-300と同型のものを採用しています

客室があるはずの空間に広がるメインデッキ

貞平 (写真を見ながら)それにしてもメインデッキと呼ばれる旅客機の上半分の部分って、客室がないとこんなに広いんですね。空間がドーンと広がっていて何でも運べそうです。

MONO TRENDY連載記事一覧